COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

海外不動産投資がおすすめの人は?メリットとデメリットを明快に解説!

低成長の続く日本の状況にあって、新たな投資先として注目を集めているのが海外への不動産投資です。成長のめざましい若い国々の土地に今のうちに投資しておけば大きなリターンが見込めるのではないか…そんな夢のある海外不動産投資ですが、実態はどうなのかそのメリットとデメリットを見ていきましょう

海外不動産投資のメリット

わざわざ海外で不動産投資を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

高収益

わざわざ海外で不動産投資を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

高収益

日本は残念ながら低成長が長引いており、今後も少子高齢化の進行のため不動産から大きな利益を上げることは難しい状況です。ましてや円の現金のままで持っていても利回りはほとんど期待できません。
成長の著しい新興国や、先進国でも経済の堅調な国々の不動産に投資することで、インカムゲイン・キャピタルゲイン共に高い収益を見込むことができます。

優良物件に手が届く

特に発展途上国への海外不動産投資の場合、日本であれば中古マンションの一室しか購入できないような予算で、
都市部の新築コンドミニアムをまるまる一軒購入することも不可能ではありません。
日本で不動産に投資するよりも、純粋に魅力的な物件に投資できるのは海外不動産投資の大きなメリットです。

リスクヘッジ

日本円や日本の不動産だけを所持することは、安心なようでいて実はリスクが高いのです。
今後円が弱くなれば、円としての金額は同じでも資産としての価値は大きく目減りしてしまいます。
海外の不動産へ投資することで、通貨と資産の種類という両面でリスクを分散し、より安定したポートフォリオを実現することができます。

節税

不動産投資そのものが節税になりますが、海外への不動産投資を行った場合は、税制や不動産価値の評価方法などの違いを利用してさらに大きな節税効果を上げることも可能になります。

海外不動産投資のデメリット

このようにメリットの多い海外不動産投資ですが、デメリットもしっかり見ておかなければなりません。

カントリーリスク

海外投資にはその対象となる国や地域のカントリーリスクがついて回ります。政情不安などで資産価値が大幅に損なわれたり、売却・撤退が困難な状況に陥ったりといったリスクが生じるのです。
特に不動産投資の場合は、税制などが不利な方向に変更されたり、開発に規制がかけられたり、外国人による不動産所有が禁止・没収されたりといった特有のリスクも多数存在します。

為替差損

投資先の通貨が安くなってしまうことで、為替差損を被ってしまうリスクがあります。為替差益が生じることもあるのでメリットと表裏一体ですが、予期せぬ大きな損失が生じてしまう恐れがあることは理解しておきましょう。

情報が限られる

海外に存在する不動産が投資対象ですので、情報収集には困難が伴います。気軽に現地を見に行くというわけにはなかなかいきませんし、現地の相場感覚や不動産にまつわる法制度などについても充分な知識を得ることが難しいのが実状です。

融資は期待できない

国内の不動産への投資であれば、その土地を担保に投資額の大半を金融機関からの融資で賄うことができますが、
海外不動産投資ではこうした融資を受けることは通常できません。
ただし、新興国などで外貨を呼び込むために独自の融資制度などを設けている場合もあります。

まとめ

海外不動産投資はメリットも大きければデメリットも大きい投資です。外国の不動産を購入するわけですから、
特に情報収集が不十分な状態での投資には大きな危険が伴ってしまいます。
逆に言えば、貪欲に情報収集を行っていける人であればチャンスがありますし、そこから学べることも非常に多いです。海外不動産だけに全てを投資することはおすすめできませんが、ポートフォリオの一環として目を光らせながら組み込んでいける人であれば魅力的な投資対象と言えるでしょう。

TOP