COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

ワンルームマンション不動産投資のメリットとデメリットとは?

手軽に始めることができ、安定した収入をもたらしてくれる投資対象として人気なのがワンルームマンションへの不動産投資です。ただ、そのメリットとデメリットについては必ずしも正しく理解されていない場合が少なくないようです。
この記事では、ワンルームマンションへの不動産投資にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを平明に解説していきます。

ワンルームマンション投資のメリット

不動産投資の対象としてワンルームマンションを選ぶことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

少額でも不動産投資できる
一般に不動産投資には大きなお金が必要です。その点、ワンルームマンションは不動産投資の中でも最も投資単位が小さい部類であり、一戸建てやファミリータイプのマンションやアパート経営などに比べるとかなり少ない元手で投資を始めることが可能です。

高い流動性

不動産投資は、物件が高額でありまた買い手がいなければ売れないために、売りたくてもすぐには売れない流動性の低さがデメリットの1つです。
その点、ワンルームマンションはその単位の小ささと安定した需要のおかげで、比較的容易に売却できることの多い不動産です。出口戦略が描きやすく、その分リスクも小さく済む投資方法であると言えます。

節税効果

ワンルームマンションの取得にかかった諸費用が経費として計上できるほか、取得額は耐用年数に応じた減価償却となるためこれで給与所得などを相殺して節税することができます。
ただし減価償却による節税に関しては、経営が赤字になっていなければ成り立たないので最初からこれを目的としてワンルームマンションに投資することはおすすめできません。赤字になってもある程度相殺できるという理解でいましょう。

ワンルームマンション投資のデメリット

続いてデメリットについてご紹介します。

入居者確保の問題

入居者がいれば安定した収入・利回りをもたらしてくれるワンルームマンション投資ですが、入居者が確保できなければ損失が発生してしまいます。
ワンルームマンションは入居者を見つけやすいのですが、その代わり入居期間も短い傾向があります。入居者を確保するために家賃の減額やリフォームなどを行わなければならないことも考えに入れておきましょう。

ランニングコスト

ワンルームマンション投資には、物件の取得にかかる費用のほかに毎年の固定資産税、管理費、修繕積立金、保険料などのランニングコストがかかります。入居者確保のためにリフォームなどを行う必要が出て来る場合もあります。
ワンルームマンションの家賃収入は少額のため、ランニングコストの影響が大きくなりがちなので利回りなどを計算する場合には十二分に折り込んでおかなければなりません。

売却額は低くなる

残念ながら、ワンルームマンションが購入時の価格やそれ以上で売れることはまずありません。ワンルームはその性質上、土地への権利は小さなものになるため建物の価値の低下の影響が大きいため、年数に応じて下落した価格で手放すことになるのは計算に入れておかなければなりません。
得に新築で購入した場合、すぐに手放したとしても売却額は数割低くなってしまうことが多いです。マンションが災害などの被害に遭ってしまえば当然それも売却額に響いてしまいます。

まとめ

初心者や少ない資金でも始めることができるワンルームマンションへの投資は不動産投資や資産運用の入口として絶好の対象ですが、やはり投資であるからにはメリットだけではなく固有のデメリットについても正しく理解しておく必要があります。
目先の利回りや節税効果だけでなく、売却時までのことを視野に入れた長期的視点に立ってワンルームマンションへの不動産投資を検討していきましょう。

TOP