COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資の初心者におすすめの物件は?新築・中古はどちらがいい?

不動産投資を始めてみたい初心者にとって、物件の選択は頭を悩ませる問題ではないでしょうか。
この記事では一般的な不動産投資物件の種別を紹介し、初心者にはどのような物件がおすすめかを解説します。

初心者におすすめの不動産投資物件は?

不動産投資と一言でいってもその対象は非常に多岐にわたりますが、ここでは比較的初心者でも扱いやすい主要な物件タイプに絞って紹介していきます。

一棟投資

マンションやアパートなどの集合住宅の建物全体を投資対象とする物件です。建物・土地の全体を所有することになるため、所有者の意向を反映させやすく、物件によっては高利回りも狙えるというメリットがあります。また複数の部屋を同時に運用することになるため、空室などのリスクも軽減されます。
マンションの一棟投資は資金面でかなりハードルが高いのですが、アパートであればもう少し手軽に始めることができます。

必要となる資金が高額となるためあまり初心者向けではない場合が多いですが、土地が既にある場合などにはそこにアパートを新築する投資が比較的安定して始められる選択肢となるでしょう。

ワンルーム

ワンルームマンションの1区画のみを対象とする物件です。投資単位が小さいため少ない元手で始められます。

ワンルームマンションはそれなりの立地であれば常時需要があり、入居者探しに苦労しにくいのがメリットです。
ただしひとたび空室となってしまえば収入が即座に途絶えてしまうのがデメリットにもなります。また管理の手間も比較的かかりにくい物件になります。

リスクがないとは言えませんが、必要資金の少なさや運営のやさしさなどから初心者にはもっともおすすめできる物件です。

戸建

一戸建ての住宅全体を投資対象とする物件です。
中古物件であればワンルームマンションよりも少ない予算で投資することが可能です。ワンルームとは異なりファミリーでの入居が多いため、入居期間が非常に長くなることが多く安定した収入が見込め、また管理の手間や費用も少なくて済みます。

ただし修繕などに大きな費用を要することもあり、また住人が退去してしまうと次の入居者の確保はワンルームに比べかなり大変です。戸建は土地への投資という側面も強いのですが、土地価格の値上がりが見込みにくくなっている現状ではあまり初心者向きとは呼べないように思われます。

駐車場・コインパーキング

更地に駐車場とするための最低限の設備を設置して運営する物件です。

初期投資が少なくて済み、運用も簡単で、用途を変更したい時には簡単に更地に戻すことができるので、土地が既にある場合には初心者でも非常に手を出しやすい投資方法と言えます。

土地ごと購入して駐車場を運営することもできますが、独自のノウハウが必要となり初心者の投資方法としてはあまり一般的とは呼べないようです。

新築と中古ではどちらがおすすめ?

(更地以外の)不動産物件は新築でも中古でも購入することができます。

価格の手頃な中古物件

中古物件は購入価格が安いために一見初心者向けに見えますが、いくつか難しい点があります。
まず中古物件は銀行からの評価が低くなりがちなため、投資の全額をローンでまかなうことは難しいのが実状です。このため資金は多めに必要となってしまいます。

また中古物件は新築に比べると入居を希望する人が少なく、空室率が高めになりがちです。建物も古くなっているために修繕などの追加費用や手間もついて回ります。

初心者には新築物件がおすすめ

新築物件の価格は高めですが、銀行からの融資が受けやすく、購入費用は減価償却をフルに利用でき、入居者も見つかりやすく、建物に関するトラブルも少なめです。初心者にとっては扱いやすい条件が揃っているので、不動産投資の初心者には新築から始めてみることをおすすめします。

まとめ

不動産投資の初心者にとって重要なのは、必要資金のコンパクトさと運用のしやすさの2点です。少額であるに越したことはありませんが、金額だけにとらわれて購入後の運用に失敗するようでも良くありません。こうした観点から、初心者には新築のワンルームマンションがもっともおすすめできる物件と言えるでしょう。

TOP