COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資アプリを上手に使おう!不動産投資のアプリおすすめ6選!

情報の流れが速い現代において、不動産投資の成功にも一定のスピード感は大切な要素だと言えます。そのため、いつでもどこでも利用できる不動産投資アプリを活用することが非常におすすめです。
今回は、不動産投資におすすめの便利なアプリをご紹介していきます。

おすすめの不動産アプリ6選

ここからは、おすすめの不動産アプリを6つに厳選してご紹介していきます。

楽待(らくまち)

楽待(らくまち)は、東証一部上場企業のファーストロジックが運営している、収益物件掲載数が豊富なWebサイト「楽待」のアプリバージョンです。
条件検索ができ、検索結果に出てきた物件を選択することで、その物件の基本情報や特徴、扱っている不動産会社などを簡単に確認することができます。
区分マンションや一棟マンション、アパートや戸建てなどジャンルも幅広く掲載していて利用しやすいアプリだと言えるでしょう。

収益物件.com

収益物件.comは、クレジットスコアを基準として物件の価値を参照できるアプリです。
最寄りの駅の利用者数、周辺の平均年齢や世帯年収なども簡単に確認でき、スムーズに不動産会社へのお問い合わせもできます。
人口統計やキャッシュフローシミュレーションが表示され、物件の本質的な価値を判断することに役立つでしょう。
不動産投資の初心者でも安心して使える、本格的なアプリです。

RENOSY

RENOSYは最新の不動産情報を確認できる不動産アプリです。
物件の検索はもちろん、購入やアパート管理までをすべてアプリ内で完結できるため、とても便利で使い勝手が良いと言えるでしょう。

at home

at homeのアプリは、新築マンションへの投資を考えている方に特におすすめできる不動産アプリです。
アットホームが取り扱っている数多くの情報の中から、新築マンションの情報にのみに特化して情報配信をしています。
検索の際には「市区郡」や駅名で検索ができ、詳細を知りたい物件に関しては資料請求も簡単にできます。
気になる物件は「マイリスト機能」を利用して保存しておくこともでき、操作性やデザイン性の高さから非常に使いやすいアプリだと言えるでしょう。

TATERU

TATERUは、「賃貸住宅をIoT 化する」とのフレーズのもと、アパート経営のすべてをアプリ化できる非常に珍しい不動産アプリです。
アプリ内でコンシェルジュとのチャットや土地選定、物件の選択などを行うことできます。
さらに、付属サービスの「TATERU kit」を利用することで、スマホを使って自宅の照明・エアコンなどのコントロール、ドアの開閉までをリモートで行うことが可能です。
TATERUはデザインアパートを数多く取り扱っており、全国の主要都市にある物件も紹介してもらえます。

SUUMOアプリ

物件探しの不動産ポータルサイトとして非常に有名な「SUUMO」の運営する、公式アプリです。
本来は一般の物件探しをする方向けに用意されていたアプリですが、物件数が非常に多いことから、投資家が気になる地区の類似物件を調べる際に活用できます。
一般向けのアプリであるだけあって非常に操作性が高く使いやすいため、不動産投資をしている方やこれから始めるという方であれば、インストールしておくことをおすすめします。

まとめ

現代において不動産投資を行うのであれば、手軽かつスピーディーに利用できるアプリを利用することをおすすめします。
新築マンションに特化したものや賃貸アパート経営専門のものなど、自身の不動産投資スタイルに合わせて自由に選択しましょう。
また、SUUMOアプリのように一般向けに用意されているアプリを活用することもおすすめです。

TOP