BLOG

ブログ

仕入れネットワークを構築せよ!

コン・パス代表、村上です。

物件を安く買いたい…

誰もが思うことですよね。

アパート、マンションを
相場より割安で購入できれば
その時点で勝ちがほぼ確定します。

・利回りが高く手残りが多い

・債務超過を回避しやすい

・売却で現金を作ることも可能

購入即、転売可能な物件を買えればベスト。

目指すは業者価格です。

そこまで安く買えなくても、
値下がりしにくい物件を相場並みで買えば、
残債を減らして売却する際にお金が残せます。

ただし、長期で保有する場合は、
デットクロスのタイミングに注意してください。

税金が大きくなる前に出口をとるべきです。

いつでも売れるということは
最大のリスクヘッジでもあります。

いずれにしても購入・売却の繰り返しで
『 純資産 』を増やしていくのが
不動産投資の王道になります。

----------------

業者価格の仕入れスキル

----------------
を手に入れてください。

村上さん、、、

業者価格とか簡単に言うけど、
具体的にどうやって安く買うの?

ホントに個人投資家が相場以下の金額で
物件の仕入れができるもんなの?

そうですね。

水面下の物件情報などやすやすと
回ってくるものではありません。

難しく感じてしまうのも分かります。

でも大丈夫、安心してください。

仕入れの営業マンだって
特殊な能力があるわけではありません。

シンプルな3つのスキルを磨くだけ。

1)情報力:適正価格を知っている

2)ネットワーク:人脈・仕入れルートがある

3)交渉力:相手を読んで先回りできる

基本的なビジネススキルです。

この3つを押さえれば
業者やライバル投資家に勝つことは
そんなに難しくありません。

----------------

1)情報力:適正価格を知れ!

----------------

まずは1の情報力です。

情報力=相場観

あなたの市場をリサーチして
適正価格を知ってください。

相場観をつかむポイントは、
誰にいくらで売れるかを考えること。

検討中の物件を買うかどうか、
利害関係のない不動産業者に
話を聞いてみるのもよいでしょう。

あとは狙いを絞って物件情報を
たくさん見ること。

・エリア

・構造

・築年数

・金額帯

似たような物件を多数見ると
おおよその相場観がつかめます。

その上で相場以下の水準まで
下がる可能性のある案件を探し続けます。

根気よく探してください。

金額が下がるかどうかは
物件そのものの条件というよりは
売主のその時の状況に左右されます。

オイシイ案件(売主)を入手した業者は
大抵は自社で購入するか、自分の顧客へ紹介して
さっさと決めてしまいます。

わざわざネットに出すことはしません。

----------------

お買い得物件はいつも水面下

----------------

なので、

適正価格を知ったら次のステップです。

お買い得物件を手に入れるには、
水面下のオイシイ情報くれる
営業マンが欠かせません。

あなただけの独占ルート、
業者ネットワークを構築してください。

単に知り合うだけではダメです。

真っ先に紹介される優先客になる。

あなたが優先客になるために、
どうすれば良いかというと

次の通りです。

Step1. 不動産のプロを探す

Step2. 買える人間であることを示す

Step3. 儲け話を持ちかける

Step4. 個人的に仲良くなる

Step5. 情報をもらったらすぐ動く

具体的にひとつずつ解説していきます。

…と思ったのですが、

ちょっと長くなりましたので、
続きはまた次回にします。

お楽しみに!

今日もがんばっていきましょう!

村上

TOP