COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

REITと不動産投資の違いとは?
メリット・デメリットから選ぼう

不動産への投資を検討されているなら、REITと不動産投資との違いについて知っておきましょう。
REITは不動産への投資方法ですが、不動産投資とは少々異なる特徴を持っています。
投資をする前にそれぞれのメリットとデメリットを把握して、よりご自身にあった方を選択できるようになってください。

INDEX

1. REITとは何か?メリットとデメリットを解説
 1.1 REITのメリット
 1.2 REITのデメリット
2. 不動産投資とは何か?メリットとデメリットを解説
 2.1 不動産投資のメリット
 2.2 不動産投資のデメリット
3. REITと不動産投資で向いているのはどっち?

REITとは何か?
メリットとデメリットを解説

REITとは不動産投資法人に資金を渡し、代わりに賃貸物件を運営してもらう投資方法です。
実際に自分で不動産を所有することはなく、不動産投資法人の賃貸運営や売却益により発生した収益を「配当金」として受け取ります。
それでは、メリットとデメリットについて確認していきましょう。

REITのメリット

REITのメリットは次のとおりです。

・10万円前後という少額から投資が可能
・分散投資がしやすい
・賃貸物件運営などの手間がいらない
・専門家が物件選定をするため失敗が少ない
・株式のように換金性が高く配当金が得られる

初めて投資をされるという方にとっては、少額から投資が可能で分散投資がしやすいという点は魅力的でしょう。
また、実際に不動産を運営するのは専門家であることから、不動産選定にミスが少なく、運営のための手間がかからないことも魅力のひとつです。

REITのデメリット

不動産投資と比較したREITのデメリットをご紹介します。

・利回りが低い
・上場廃止により損害を被る可能性がある
・配当金が情勢により変動する
・不動産投資法人が倒産する可能性がある

デメリットとして挙げられることは、不動産投資と違い利回りが低く、リスクが大きいということです。
不動産投資法人が倒産したり、上場廃止になったりすれば損害を被る可能性が高くなり、配当金の金額は経済情勢により変動することから、投資に安定性を求める方にはおすすめしません。

不動産投資とは何か?
メリットとデメリットを解説

不動産投資とは、購入した不動産を賃貸物件にして、家賃収入を得る投資方法のことです。
実際に自分で不動産を購入して、入居者から毎月決まった家賃を受け取ります。
REITと同じようにメリットとデメリットを確認してみましょう。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは次のとおりです。

・利回りが高い
・少ない持ち出しで大きな収益を期待できる
・資産を所有することができる
・所有している不動産は担保として利用可能
・リスクが低い

メリットとして挙げられることは、REITと違い利回りが高いことと、出費が多くなるものの不動産という資産を得ることができ、持ち出しが少なくなることです。
資産を持っていれば担保として活用しローンを組むこともできますし、万が一の際の生命保険代わりとしても活用できます。
また、投資方法の中でも比較的リスクが低く、投資初心者の方におすすめの投資法です。
 

不動産投資のデメリット

次に、不動産投資のデメリットについてご紹介します。

・換金性が低い(流動性が低い)
・入居者がいなければ収益が発生しない
・分散投資がしにくい
・固定資産税・管理費・修繕費が必要

デメリットとしては、不動産は売却が難しく、換金性が低いことが挙げられます。
また、不動産の購入には多額の資金もしくはローンが必要となることから、分散投資がしにくく、固定資産税・管理費・修繕費などの定期的な支出が発生することも考えなくてはなりません。

REITと不動産投資で向いているのはどっち?

REITと不動産投資には大きな違いがあり、次のようにご自身の希望にあわせて選ぶ必要があります。

REITに向いている人
・投資に手間や時間をかけたくない人
・多額の資金を用意できない人
・投資商品をいつでも現金化したい人

不動産投資に向いている人
・少額の持ち出しで収益を得たい人
・現物に投資したい人
・投資の幅をさらに広げたい人
・資産を所有したい人

REITは少額から始められ換金性が高いことから、少額から投資を始めたい人、投資商品をすぐに現金化したいという人に向いています。
しかし、資産としての不動産所有に魅力を感じている人や、担保としての価値を活用し投資の幅を広げていきたい、少ない持ち出しで収益を得たいと考えている方には不動産への投資がおすすめです。

投資を始めるなら
REITと不動産投資の違いを把握して

REITの不動産投資はいずれも不動産に対する投資方法ですが、それぞれに違いがあります。
投資を始めようと検討しているなら、まずは両者の違いやメリット・デメリットを把握して、ご自身にあった投資方法を選べるようになってください。
投資初心者の方であれば、少額から始められるREITに関心を持たれるかもしれません。
しかし、不動産を所有すれば同等額の資産を持つことになり、結果的に少ない持ち出しで長期的な収益を得られるようになります。
将来的な安定性を考えると、不動産投資のほうがプラスになる可能性が高いと言えるでしょう。

TOP