COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

新築アパート投資は中古アパートやマンションとはどう違う?

一般人の不動産投資というとマンションのイメージが強いかもしれませんが、アパート経営もまた有力な選択肢の1つです。新築アパートへの投資にはどのような特徴があり、マンションへの投資や中古アパートへの投資などとはどう違うのでしょうか?またどのような人に向いているのでしょうか?解説していきます。

新築アパート投資と他の不動産投資の違いは?

新築アパート投資にはどのような特色やメリット・デメリットがあるのでしょうか?中古アパート投資やマンション投資との比較を通じて明らかにしていきます。

中古アパート投資との違い

新築アパートは中古アパートに比べると入居者からの人気が高いので、少なくとも新築当初は低い空室率での運用が期待できます。また設計段階から全て自分で決定できるため、入居者のニーズを反映したアパートを新築することでさらに空室率を抑えたり家賃を高くしたりすることも可能となります。

新築アパート投資は中古アパートを購入するよりも初期費用は高くなりますが、銀行からの担保評価も高くなるため融資が受けやすく、条件も有利になる場合が多くなります。新築なので当面は修繕費用などもあまり必要となりません。また最初から管理を自分で行うことができるため、適切な管理を施すことによって長期的にも修繕費用を低く抑えていくことが可能となります。
ただし、すぐに住め、多くの場合で既に入居者もいる中古アパート投資とは異なり、新築アパート投資は建設が完了し入居者が入ってくれるまでは収益を生みません。

マンション投資との違い

アパート投資では1棟単位の投資となるのに対し、マンション投資では1部屋単位での投資も可能です。このためマンション投資の方が特に新築のアパート投資よりはかなり少ない資金でも始めることができます。

他方で、アパート投資では複数の部屋を運用するため空室リスクなども分散が可能ですが、マンション投資では空室や滞納が発生した場合に即座に収入が途絶えるリスクがあります。

また投資総額ではアパート新築の方が高くなりますが、アパートはマンションに比べると低額で建設可能なので部屋あたりでの投資効率は高くなります。

新築アパート投資はどんな場合におすすめ?

それでは、新築アパート投資はどのような人や場合に向いているのでしょうか。

既に土地を所有している場合

土地を既に所有しており有効活用したい場合には新築アパート投資が有力な選択肢となります。土地の条件がマンション建設ほど厳しくなく、またマンションほど膨大な費用も必要とされません。またアパートを建て賃貸することで、固定資産税が1/3~1/6に軽減されるのも非常に大きなメリットとなります。
土地の活用方法としては駐車場・コインパーキングの経営もあり、より少ない資金で手軽に始められ更地に戻すのも簡単です。他方で新築アパートの方が収益性を見込め、税制上も有利となりますので、すぐに手放すつもりがないようなら新築アパート投資が良いでしょう。

相続を控えている場合

同じ土地であっても、アパートを建設し人に賃貸することで評価額が大幅に安くなるため、新築アパート投資を行うことで大幅に相続税を軽減することが可能です。
また安定した収益を生む状態で資産を子孫などに譲り渡すことができるので、現金などで遺す場合などよりも相続者の生活も安定で堅実なものになることが期待できます。

比較的大きな資金が準備できる場合

投資の規模感として、マンション1区分よりは大きな資金を動かせるが、1棟まるごと新築するほどではないといった場合には、新築アパート投資が有力な選択肢となります。新築アパート投資ではアパートの設計段階からかかわることができるので自分で意思決定できる範囲が広く、高い利回りを目指すことが可能になります。

まとめ

新築アパート投資は中古アパート投資と比べると融資が受けやすく、当初の経営も安定しやすいといったメリットがあります。またマンション投資に比べると大きな資金が必要ですが、リスクは分散しやすくなります。

自分の手で長期的な資産運用を行いたい人や相続を考えている人などは投資の対象の1つとして考えてみることをおすすめします。

TOP