COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資のやり方教えます!失敗しない投資を実現するためのガイド

不動産投資に興味があっても、具体的にどうしたらいいのかはなかなかわかりにくいのではないでしょうか。
この記事では、不動産投資のやり方を、計画を立てる段階から物件選び、最終的な契約の締結に至るまで順を追って丁寧に説明します。

やり方1:投資計画を立てる

物件を探す前に、まずは自分に何ができどうしたいのかを明確にする必要があります。

投資に回せる資源の洗い出し

まず、投資にいくらまで回すことができるのかを把握します。現在の金融資産だけでなく、将来的な収入の増減や支出の見込み、金融機関からいくらぐらいまで調達可能かまで洗い出すことで、対象とすべき不動産の形態や条件も自然と固まってきます。
充分な調査研究が行えない状態での投資は危険です。資金だけでなく、投資にどれだけの時間を割けるのか、協力や情報提供を仰げる人はいるのかといった人的な資源についてもよく検討しておきましょう。

投資の目標設定

投資に回せる資源が把握できたら、投資で実現したい目標を設定します。何年後に自分がどうなっていたいのかを思い浮かべ、年にどれだけの収入を不動産投資で得たいのかの具体的な数字を決めましょう。

投資にかかる費用と収支の検討

不動産投資を始めた場合には、物件の購入価格以外にもさまざまな費用がかかり、また家賃収入にも変動の可能性があります。税金、各種手数料、管理費、修繕積立金など、実際にどのような費用がかかるのかを具体的に把握することで、より正確な利回りの見通しを得ることができます。

やり方2:不動産投資物件の決定

不動産投資の計画がしっかり立ったら、投資する物件を探しましょう。

投資する不動産の探し方

不動産探しのやり方として、まずはインターネットを利用して、不動産会社のサイトやポータルサイトなどから物件を探してみましょう。インターネットの情報だけでは不十分であることが多いですが、条件やサイトを変えながらの検索を重ねることで相場のイメージが掴めてきます。事前に投資の条件をしっかり検討しておくことで物件が絞り込みやすくなります。
興味を持った物件を問い合わせてみても良いですし、直接自分の希望を伝えても良いですので、不動産会社とコンタクトを取ってより踏み込んだ情報収集へ移りましょう。希望に沿った物件の紹介を受けることが投資対象探しの重要なルートとなります。

投資物件の最終判断

条件に合いそうな物件が見つかったら、投資を実行するか具体的な検討に入ります。

投資物件は賃貸中であることが普通のため内観はできないことが多いのですが、それでも現地に足を運んで、外観や建物の状態、周辺の環境などを実見して確認しましょう。データも重要ですが、「自分だったらここに住みたいだろうか?」という直感も大事にしてください。
また物件周辺の似た物件の家賃相場や街の発展状況なども確認し、現在の家賃で安定して貸し続けることができるかも検討しましょう。

やり方3:不動産投資の実行

投資する不動産が決定できたら、いよいよ投資の実行に移ります。

条件交渉と購入申し込み

投資する物件を決めたら、売主との条件交渉に入ります。この時、事前に立てた資金計画と収益の見通しから導き出されたラインを交渉の目標として設定します。資金に無理の出るような投資は実行すべきではありませんし、具体的なシミュレーションから導き出された数字であれば現実的な落とし所にもなりやすいでしょう。
交渉がまとまったら契約を締結し、手付金を支払います。この時の契約書には「融資利用の特約」と呼ばれる、
ローンが不成立なら解約できる特約がついているのを確認しましょう。

不動産投資ローンの申し込みから本契約まで

金融機関に不動産投資ローンを申し込んで審査を受けます。審査に際しては、契約に関する書類、収入や資産を証明する書類、投資者本人を確認する書類など多数の書類が必要となるので、申し込みの際にしっかり説明を受け速やかに準備しましょう。

ローンが無事に承認され契約できたら、後は重要事項説明を受けて本契約を締結して物件の引き渡しを受けます。

まとめ

不動産投資を実行するまでのやり方を詳しく見てきましたが、重要になるのは最初の投資計画です。これがしっかりしていることでその後の物件探しから条件交渉までをブレずに行うことができ、無理や失敗の少ない不動産投資を実現することができます。投資計画は人生計画でもありますので、よく吟味して良い投資と人生を実現してください。

TOP