COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資ローンを組むメリットは?不動産投資ローンの注意点も解説

不動産投資を始めたい場合に、非常に便利な資金調達手段として「不動産投資ローン」が存在します。
不動産投資ローンは一般の方でも比較的大きな融資を受けられるうえ、メリットも沢山あるのですが、気をつけておきたい点もやはり存在します。
そのためここでは、不動産投資ローンのメリットや不動産投資ローンを組む際の注意点を解説しています。

不動産投資ローンを利用するメリット

ここでは、不動産投資ローンを利用するメリットについて解説していきます。

手持ちの資金が少なくても不動産投資を始められる

不動産投資ローンを利用するメリットとしてまず挙げられるのが、少ない資金でも不動産投資を始めことができる点です。
不動産投資においては数十万円程度の自己資金でも5,000万円~1億円弱の融資を受けることもでき、大きなレバレッジ効果(少ない投資金額で高額な運用ができる)が見込めます。
不動産を購入するために貯金をしていては非常に長い時間が必要となり、多くの人にとっては現実的ではありません。
しかし不動産ローンであれば、審査をクリアすることで少ない手持ち資金でも早期に不動産投資をスタートすることができるのです。

毎月のローン返済に家賃収入を充てられる

不動産投資ローンの返済には元々得ている給与・収入だけでなく、不動産投資によって毎月得られる家賃収入も充てることができます。
不動産投資ローンをして購入した不動産から発生した収益をそのままローン返済に充てられるため、安定的な家賃収入を得ることができれば自己負担をせずに投資ができるのです。
手元に資金を残しながらでも投資を継続することができるため、不動産投資ローンを上手く利用すれば、より手堅く資産運用をすることができるようになるでしょう。

団体信用生命保険への加入が可能

不動産投資ローンを組んだ場合には、一般的に団体信用生命保険に加入することができます。
団体信用生命保険とは完済前に借入した人が亡くなってしまったとしても、その時点で残っているローンを代わりに保険で弁済してくれる制度のことです。
不動産投資ローンを組む時には万が一の際における家族のことが気がかりになるものでしょう。しかし、団体信用生命保険を利用することで、ローンの負担を家族にかけず、ローン完済済みの不動産を残してあげることができるのです。

不動産投資ローンを組む際の注意点

ここでは、不動産投資ローンを組む時に気をつけたい点を2つに整理して解説していきます。

初期費用や不動産の管理費用を考慮することが大切

不動産投資をするうえでは、初期費用の捻出計画はもちろん、不動産の維持管理にかかる費用もしっかりと計算・管理することが非常に大切です。
一定のキャッシュフローを確保しておかなければ万が一の際に必要な資金が捻出できず、対応ができないまま空室が増えるなどの悪循環を生むことも考えられます。

不動産投資ローンの金利タイプを理解しておく

不動産投資ローンを組む際には、固定金利と変動金利という2つの金利タイプについて理解しておくことが大切です。

・固定金利
ローン返済期間中に金利が変わらない金利タイプを指します。

・変動金利
金利基準の変動によって金利が変動する金利タイプを指します。

変動金利の方が固定金利よりも低金利であることが多く、不動産投資ローンを組む際には変動金利を選ぶ方がほとんどだと言えます。
しかし変動金利の場合は金利が上昇することによってトータルの返済額が増えてしまう可能性があるため、注意しましょう。

まとめ

不動産投資ローンを組むと少ない資金から不動産投資を始めることができ、毎月のローン返済に家賃収入を充てられるため、上手くいけばほとんど自己負担することなく投資を継続できます。
ただし、不動産投資ローンを組む際には資金計画をしっかりと練っておく必要があり、固定金利と変動金利の違いもしっかりと理解をしておくことが大切でしょう。

TOP