COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資はアパート?ワンルームマンション?両者を比較して解説!

不動産投資を考えるにあたってしばしば比較されているのが、「ワンルームマンション投資」と「アパート投資」です。
それぞれに長所や短所があり、不動産投資をする際には自分の考えや経済状況などに照らし合わせて、
最適な選択をするべきでしょう。
この記事では、ワンルームマンション投資とアパート投資とを複数の視点で比較しています。

アパート投資とワンルームマンション投資の比較

ここでは、アパート投資とワンルームマンション投資の比較を以下2つの視点から行っていきます。

・始めやすさや流動性の高さ
・リスクとリターン

不動産投資の始めやすさや流動性で比較

ワンルームマンションの方が物件の取得価格が低く、アパート投資と比較すると始めやすいと言えます。
また、ワンルームマンションの方が物件を売りやすく、流動性が高い(投資をやめる判断がしやすい)とも言えるでしょう。
さらにワンルームマンションの方が都心の駅近物件など好立地の物件を比較的にすぐ見つけやすく、空室リスクが低い特徴があります。
ただしアパート投資は建物の管理方針を自分で決めることができず、原則として管理組合の決定に従う必要がある点には留意が必要です。

リスクとリターンで比較

リターン、つまり利回りの高さを比較した際には、アパート投資の方が優れていると言えます。
ただし、アパートはマンションと比較すると空室リスクが高く、安定して賃料収入が得られない可能性も高いでしょう。
アパート投資は初期投資額も大きく、ワンルームマンション投資と比較するとリスク・リターンが両方とも高いと言えます。
しかし、アパートはマンションと比較すると減価償却費が多く計上できるため、既に高収入の方であれば節税対策に役立てることも望めます。
ここまでの情報をまとめると、ワンルームマンション投資は「どちらかと言うと初心者向け」、
アパート投資は「どちらかと言うと上級者向け」と整理することができるでしょう。
大きく投資をしていきたいのであれば、アパート投資を有力候補として考える必要がありそうです。

アパートへの不動産投資を始めるメリットは?

ここからは、アパート投資を始めるメリットについてもう少し詳しく整理していきます。

自分の意思で不動産運用ができる

アパート投資の大きなメリットの一つとして、不動産管理・運用の自由度が高いことが挙げられます。
建物を丸ごと全部所有することになるため、維持管理やリフォームなどを自分の意思で決定することができるのです。
マンションを区分所有して運用していく場合は、管理組合の同意が必要な事項も多く、思い通りにいかないことも多々あります。
修繕にかかる費用の規模はアパート投資の方が大きいものの、自分の意思や考えをより強く反映させて投資ができる点では、アパート投資の方が魅力的だと言えるでしょう。

土地が資産として残る

アパート投資においては建物が老朽化すると継続的に家賃収入を上げることが難しくなりますが、土地が自分のものとして残るため自由に運用することができます。
土地を売却して現金化することも可能ですし、古くなった建物を立て直してもう一度新しいアパートを建てることも可能なのです。
ワンルームマンションと比較すると確かに物件の流動性は低いものの、出口戦略として取れる選択肢はアパート経営の方が多いと考えることができるでしょう。

まとめ

ワンルームマンション投資は比較的少額の初期費用から始めることができ、物件の流動性も高いことから不動産投資初心者にもおすすめしやすい投資先だと言えます。
一方のアパート投資は比較的多額の初期費用が必要であり、リスク・リターンともに高いため、比較的上級者向けの投資スタイルだと言えそうです。
ただし、アパート投資は出口戦略の選択肢が比較的多く、自分の意思で不動産の管理・運用を決定することができる点で、魅力的だと言えるでしょう。

TOP