COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資の区分マンション投資とは?
注意点やメリットなども解説!

「なるべく手軽に始められる不動産投資方法はないか?」
「本業と並行して無理なくできる不動産投資を始めたい」
このように考えている方には、区分マンション投資という不動産投資方法がおすすめです。
ここでは、区分マンション投資の概要やメリット・デメリット、この投資方法が向いている人の特徴に加え、注意点を解説します。

INDEX

1.不動産投資の区分マンション投資とは?
 1.1 不動産投資の区分マンション投資とは?
 1.2 区分マンション投資のメリット
 1.3 区分マンション投資のデメリット

2.不動産投資の区分マンション投資に向いている人と注意点
 2.1 不動産投資の区分マンション投資に向いている人
 2.2 不動産投資の区分マンション投資の注意点

不動産投資の区分マンション投資とは?

ここでは、不動産投資における区分マンション投資について解説します。

不動産投資の区分マンション投資とは?

不動産投資の区分マンション投資とは、通常のマンション投資と違い、マンションを1棟購入・運用するのではなく、1室単位で所有し、入居者を募って運用していく不動産投資方法のことです。
1棟購入するよりは当然始めやすく、比較的収益が安定しているうえに管理会社に基本的な管理を任せられるため、幅広い層の方が始めやすい不動産投資方法だと言えるでしょう。
特に賃貸需要が高い主要都市などの人口集中エリアにおいては、区分マンション投資の人気が高まっています。

区分マンション投資のメリット

区分マンション投資のメリットは、以下のとおりです。

・少額の自己資金からでも始められる
・扱われている物件数が多い
・いざというときに売却もしやすい
・基本的な管理やメンテナンスを運営会社に任せられる
・資産性が高い
・分散投資がしやすい

区分マンション投資は自己資金が少額からでも始めやすく、管理の手間がかかりにくい不動産投資方法だと言えます。
長期に渡って安定的な家賃収入が得られる可能性があり、自分に万が一のことがあっても家族に不動産を残してあげられます。
また、さまざまなマンションに1部屋ずつ部屋を所有することで、分散投資もしやすいでしょう。

区分マンション投資のデメリット

区分マンション投資の主なデメリットは、以下のとおりです。

・管理の手間がかからないが、費用はそれなりにかかる
・運用や管理において自分の権限が限られている
・1棟まるまる購入するよりも利回りが低い傾向にある
・1部屋しか持っていないと、空室の場合収益が全くあがらない

メリットだけでなくデメリットも確認のうえで、上手に不動産投資を行いましょう。

不動産投資の区分マンション投資に向いている人と注意点

ここでは、不動産投資の中でも区分マンション投資に向いている人の特徴や区分マンション投資を行う際の注意点を解説します。

不動産投資の区分マンション投資に向いている人

区分マンション投資に向いている人の特徴は以下のとおりです。

・長期的な視野で資産形成を考えている人
・自己資本比率をなるべく下げて不動産投資や資産運用をしたい人
・副業として不動産投資をしたい人

区分マンション投資はローンを利用することで、少ない資金から不動産投資を始められる方法です。
どちらかと言うと大きな収益を狙うよりは長期的に安定した家賃収入を得たい方に向いているでしょう。
また、管理の手間がかからないため本業と並行して行いたい方にも向いています。

不動産投資の区分マンション投資の注意点

区分マンション投資の注意点は、以下のとおりです。

・空室リスクに注意すべき
自己資金がギリギリの状態で空室が発生してしまうと、非常に危険です。

・自己の投資経験や資金に照らして適切な部屋を購入する
資金が少ない場合は中古マンションを選択する、資金や経験があるなら複数の区分マンションを購入して投資するなど、自分の状況に合わせた戦略をとることが大切です。

・ローンを組める金融機関が限られる
区分マンションは担保力が弱いため、基本的に信販系金融機関に限定されてしまう点には注意しましょう。

まとめ

不動産投資の一種である区分マンション投資とは、マンションを1部屋単位で所有し、入居者を募って運用する不動産投資方法です。
一般的にマンション1棟を運用するよりも収益率は下がりますが、少ない資金から始められて管理も手間もかからない不動産投資方法だと言えるでしょう。
自分の資金や経験と照らし合わせて最適な区分マンション投資方法を選択する必要がありますが、長期的に安定した収益が狙える不動産投資方法の1つです。

TOP