COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資を成功させるためのルール3選!
物件購入時の注意点も解説

不動産投資を行うのであれば、できるだけ成功させたいと考えるのが自然でしょう。
不動産投資を成功させるためにはある程度一般的に言えるルールが存在し、それらを守ることで成功の可能性を高めることができます。
ここでは、不動産投資を成功させるためのルールを紹介し、物件を購入する際のポイントを解説します。

INDEX

1.不動産投資を成功させるために大切なルール3選
 1.1 不動産投資では情報が大切だと認識する
 1.2 やめ時のラインや計画を事前に決めておく
 1.3 決断を求められるタイミングでは決して妥協しない

1.不動産投資対象の物件購入時に大切なポイント
 2.1 物件購入時に気を付けるべきポイント
 2.2 リスクヘッジの視点を持とう

不動産投資を成功させるために
大切なルール3選

ここでは早速、不動産投資を成功させるために大切なルールを3つに厳選して紹介します。

不動産投資では情報が大切だと認識する

不動産投資を行ううえでとても大切なことが、情報が大切であると認識することです。
不確かな情報に基づいて行動すると失敗する可能性が高まるため、不動産投資について調べる際には、必ず一次情報を調べるようにしましょう。
二次情報は何らかの意図によって元の情報が加工されていることも多く、なるべく情報発信者本人から直接話を聞き、生の情報を手に入れることが大切です。
また、情報源は1つだけに決めてしまわず、常に複数からの情報を収集することも大切です。

やめ時のラインや計画を事前に決めておく

不動産投資をするうえでは、やめるときまでを計画に入れて事前に決めておくことが大切です。
不動産投資を行っていると、利益が出なくなってしまうタイミングはいずれ訪れます。
「どんな条件のときに損切りしてやめるか」「やめた後はどうするのか」の出口戦略をきちんと考えておくことが重要でしょう。
人間は心理的に一度始めたことはやめられないものであり、たとえ損失が出ても「もう少し待てば取り戻せるかも」などとズルズル続けてしまう傾向にあります。
しかし事前に損切りのタイミングを決めておけば、不要な損失を被ることを避けられるでしょう。

決断を求められるタイミングでは決して妥協しない

不動産投資をするうえでは、基本的妥協をしないスタンスも非常に重要です。
不動産投資には大きなお金が絡みますので、ちょっとした妥協が大きな損失につながる可能性があります。
あらかじめ用意周到に準備や情報収集をし、計画通りに進めていくスタンスを崩さないようにしましょう。

不動産投資対象の物件購入時に大切なポイント

ここでは、不動産投資の対象物件を購入する際に大切なことを2点に整理して紹介します。

物件購入時に気を付けるべきポイント

物件購入時には、以下のようなポイントに気を付けて物件を選びましょう。

・立地
・資金調達の方法
・物件を購入する時期
・物件の属性(築年数や中古・新築など)
・周辺地域の情報(開発予定やどのような施設があるかなど)

いくら良い計画を立てても、物件に収益性がなければ収益を上げていくことはできません。
物件の資料はもちろん、周辺地域の情報も調べて物件購入をするようにしましょう。

リスクヘッジの視点を持とう

不動産投資に限定せず、基本的に資産運用を行ううえではリスクヘッジの視点を持つことが大切です。
物件を1つだけに絞って投資してしまうと、そこで収益が上がらなくなった場合損害が大きくなってしまいます。
複数の物件に分散投資をすることで、1つの物件から損失が出たとしても他の物件の収益で埋め合わせられる可能性が出てくるのです。
また、景気動向なども考慮して投資する時期を分散させるリスクヘッジの方法もあります。

まとめ

不動産投資を成功させるためには、守るべきルールがいくつか存在します。
不動産投資では情報が何より大切であり、なるべく生の情報を得て妥協せずに判断していくようにしましょう。
また、不動産投資を行う際にはリスクヘッジの視点を持つことも大切です。
分散して投資することで、安定的に収益を得ていくことも期待できるでしょう。

TOP