COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資の成功率は?
目標別成功率と成功させるポイントを解説!

不動産投資をしようか迷っている方にとっては、「どれくらいの確率で成功するか」は気になる部分でしょう。
不動産投資の成功確率は決まっているわけではありませんが、ある程度の目安を示すことは可能です。
この記事では、不動産投資の成功率や成功率を上げるためのポイントを解説します。

INDEX

1.不動産投資の成功率はどれくらい?
 1.1不動産投資から得られる収入を副収入とする場合
 1.2不動産収入だけで生計を立てたい場合
 1.3節税の一環として不動産投資を行う場合

2.不動産投資を成功させた人が行っている習慣
 2.1情報収集にはこだわる
 2.2成功している人からやり方を学ぶ

不動産投資の成功率はどれくらい?

一口に不動産投資の成功と言っても、定義は人それぞれ異なるでしょう。
この記事では、目標別に大まかな成功率を解説します。

不動産投資から得られる収入を副収入とする場合

不動産投資の収入を副収入としたい場合、成功率は50%程度だと言えます。
収入が数万円程度でも良いのであれば、本業に取り組むながら比較的安定した不動産投資を行うこともできるでしょう。
ただし、少額の収入を目指していると利回りが下がり、数年後に修繕費などのコストが発生した場合に赤字になってしまう可能性がある点に注意しましょう。
やはり、副業目的だとしても利回りの良い物件を選ぶことが非常に重要です。

不動産収入だけで生計を立てたい場合

不動産投資で得られる収入だけで生計を立てたい場合、成功率は数%程度だと考えられます。
条件の良い物件は少なくなっており、少ない物件数で生計を立てられるほどの収入を得ることは難しいでしょう。
収入源が少ないと、上手くいかなかった際のリスクが大きくなりすぎてしまいます。
リスクヘッジの目的も兼ねて、不動産投資をする物件数を増やすことで収入を増やしていくことが大切でしょう。

節税の一環として不動産投資を行う場合

不動産投資の節税効果を目的とするなら、成功率は80%程度が望めます。
年収が高い会社員ほど、不動産投資によって得られる節税効果は大きくなります。
また不動産を購入することで、もし家賃収入が得られなかったとしても自分に万一のことがあった場合、家族に物件を残してあげることができるでしょう。
ただし、収益が低いと赤字になってしまい、ローン返済ができなくなってしまう可能性があるため気を付けましょう。

不動産投資を成功させた人が行っている習慣

ここでは、不動産投資を成功させる人が共通して行っている習慣を2つ紹介します。

情報収集にはこだわる

不動産投資の成功には、情報収集が非常に大切です。
不動産会社から受けとった資料やアドバイスをそのまま鵜呑みにするのではなく、自分でも正しいのかどうかを調べる姿勢が欠かせません。
複数の会社に相場調査を依頼したり、キャッシュフローの計算を自分で行ったりと、詰めるべきポイントは多々あります。
重要な情報ほど人任せにしないスタンスが重要でしょう。

成功している人からやり方を学ぶ

不動産投資を成功させるためには、既に成功している人から方法論を学ぶことが大切です。
成功者の考え方ややり方を真似し、できるだけノウハウを吸収するようにしましょう。
セミナーや各種イベント、成功者の著書やネット上での投稿など、情報を手に入れる方法はいくらでもあります。
情報収集を活発に行い、自分のモデルケースとなる成功者を見つけ出しましょう。

まとめ

不動産投資の成功率は目的によって異なります。
節税や副業収入を目的としている場合それなりに成功率は高まりますが、不動産収入だけで生計を立てていこうと考えた場合、難易度は非常に高いでしょう。
不動産投資の成功率を高めるためには情報収集にこだわり、成功者のノウハウをできるだけ吸収することが大切です。

TOP