COLUMN

不動産投資のお役立ちコラム

不動産投資のエリア分析とは?
エリア分析方法やポイントを解説

不動産投資をするのであれば、誰でも成功させたいと思うのが当然でしょう。
そして、不動産投資を成功させるには、物件の情報を集めるだけでなくエリア分析を行うことがとても大切です。
この記事では、不動産投資におけるエリア分析について基本的な方法を解説し、エリア分析を行ううえで大切なポイントを紹介します。

INDEX

1.不動産投資におけるエリア分析の基本的な方法
 1.1地域の概要を押さえる
 1.1不動産市場の分析を行う
2.不動産投資のエリア分析のポイント
 2.1人から聞いた話をうのみにしない
 2.2情報を総合的に分析して判断する

不動産投資におけるエリア分析の基本的な方法

ここではまず、不動産投資におけるエリア分析の基本的な方法を2つ説明します。

地域の概要を押さえる

不動産投資のエリア分析を行うには、まず物件が存在する地域の概要を押さえることが大切です。
投資予定のエリアの人口推移や世帯数の増減、住宅数などのデータをチェックしましょう。
その際、様々な専門家や業者の方から意見やアドバイスを受けることも効果的ですが、うのみにするだけでなく、必ず自分でも確認するようにしましょう。
調べる際には、各種書籍なども資料として有力ですが、近年ではインターネット上にも多くの情報があるため、必ず活用することをおすすめします。
総務省統計局の情報はもちろん、検索ボックスに駅名や地域の名前を入れるだけで非常に多彩な情報を得ることが可能です。

不動産市場の分析を行う

地域のデータを収集できたら、次は近隣の不動産市場を分析しましょう。
不動産投資家が多いエリアは競争が多くなることが予想される反面、融資は付きやすいと考えられます。
また、不動産投資家よりも地主の方が多いような土地であれば、周辺の競合に勝利するのも比較的容易かもしれません。
そして、売買や賃貸に関するデータを確認し、今後の予想を立てましょう。
この際、不動産業者に話を聞いてみることもおすすめします。
ただし、先ほど説明した通り、聞いた情報はうのみにせず、自分でも調べることが大切です。

不動産投資のエリア分析のポイント

ここでは、不動産投資のエリア分析を行う際のポイントを解説します。

人から聞いた話をうのみにしない

不動産投資のエリア分析を行う際には、先ほどから繰り返していることではありますが、人から聞いた話をうのみにしないことが大切です。
専門家や業者の意見やアドバイスは大変参考になるのは事実ですが、場合によっては、1つの側面しか見ていない可能性があります。
仕入れた情報は人任せにせず、必ず自分自身で検証する習慣をつけるようにしましょう。
不動産投資を成功させるためにも専門家や業者の意見もちろん大切ですが、不動産投資は大きなお金が関わることであり、後悔をしないためにも重要なのです。

情報を総合的に分析して判断する

不動産投資用の物件を探す時には、1面だけにこだわらず、情報を総合的に分析して判断することが大切です。
エリアの人口や住宅の需要・供給状態、地域特性など確認すべきことは沢山あります。
ファミリータイプの需要があるのにまだまだ供給が少ないなど、様々な情報を複合的に精査することで、見えてくることもあるのです。
不動産投資は、長期的な目線で収益を考えていかなくてはなりません。
情報へすぐに飛びつくのではなく、慎重な目で多くの情報を照らし合わせながら意思決定をしていくようにしましょう。

まとめ

不動産投資のエリア分析を行う際には、地域の概要を押さえて市場分析を行うことが大切です。
不動産投資のエリア分析をするのであれば、人から聞いた話をうのみにすることなく、情報を総合的に分析して、意思決定をするようにしましょう。

TOP