BLOG

ブログ

業者を簡単に信じるな!!!

コン・パス代表 村上です。

不動産は購入条件と融資条件で
収支・損益の8割がたが決まってきます。

入口で勝負が決まる

と言っても過言ではありません。

不動産は長期の事業ですから、
先々どうなるかを把握して
おかなければいけません。

先が読めるのが
不動産経営の良いところです。

特にフルローン融資で
押さえておかなければならないのは
デットクロスの到来時期です。

売却か繰上げ返済をするか、
償却のとれる物件を買い増すなり
しなければいけません。

まずは「いつ何が起こるのか」を
シミュレーションしてください。

頼りになるのは自分だけ

今の不動産投資ブームは
まだ10年足らず。

ほとんどの投資家さんが
まだ投資初期の段階なのです。

10年以上収益物件を扱っている
という不動産業者も稀です。

・自社で不動産経営をしたことがない

・会計や税金のことも分からない

・売却シミュレーションなど考えられない

営業マンによっては
転職してきて数年程度の
初心者に近い人間もいます。

彼らの言うことを
鵜呑みにしてはいけません。

どれだけ人柄がよく誠実で
親しくなったとしても、
言っていることが正しいとは
限らないのです。

疑う・調べる・ウラを取る

数億円の借金を背負って
不動産事業をするわけです。

全ての責任はあなたにある。

「あの人がああ言っていた」
「この人に任せれば大丈夫」

というのは事業主として
かじ取りをしていると
言えるでしょうか。

自分の目で確認したこと
以外は何も信じない。

くらいの態度が望ましい。

「業者を大事にしろ」
「何を買うかより誰から買うかだ」

という話をたまに聞きますよね。

それはそれで一理あります。

優秀な人間と良好な関係を築けば
事業も投資も有利に進みます。

ですが気を付けてください。

ビジネスは弱肉強食の世界

不動産に限った話ではありません。

弱いものが食われるのが
ビジネスの常識ですよね。

不動産賃貸業を営む
あなたはお客さんではなく
商売人だということ。

業者は100%商売人。

完全に商売モードであなたと
会話をしているわけです。

あなたを儲けさせることは
二の次、三の次で、
自分の利益が最優先。

弱みを見せれば負け、です。

バレなければ搾り取ってやれ!

言葉は悪いですが、
少しでも儲けようという思惑は
どの業者にもあります。

シロウトと見るや、
文句を言われててもごまかせるだろ、
と強く出てくる輩もいます。

販売業者、仲介業者、
管理会社、リフォーム会社…

相手が誰でも
油断しないでください。

繰り返しますが
善悪の問題ではなくて、
ビジネススキルの問題です。

投資家と業者はBtoB、
商売人と商売人の付き合いです。

自分の利益は自分で確保する。

当たり前の話ですが
これから不動産を始める方は
心がけてください。

知識・スキル・マインドセット

個人投資家が、
不動産業界で生き抜くために
必要なことが3つあります。

・妥当な金額、相場を知る(知識)

・先を読む、相手を読む(スキル)

・自分の利益を確保する(マインドセット)

Win-Winなんて、
上品なことを言ってる
場合じゃありません。

相手はプロです。

初心者のあなたも、
セミプロのあなたも、
まず自分のWinを考えて下さい。

守りの受け身ではなく
アグレッシブで攻撃的な
不動産投資をしてほしい。

とにかく皆さんに
強くなってほしいのです。

強い投資家が業界を変える

勉強会でもお話しましたが、
今は業者に負けている
投資家が多すぎる。

実力不足だから仕方ないのですが、
ちょっと業者が儲け過ぎ
というのが正直なところです。

セミリタイアして
食っちゃ寝したい人を
応援したいわけではありません。

経済的な不安をなくして、
本業をさらに頑張ってほしい。

不動産を本業にしたい人も
もちろん応援します。

投資家が強くなれば
不動産業界もよくなると
確信しています。

強い投資家が増える

質の低い業者が減る

不動産で損をする人が減る

これが私の密かな企みです。

がんばっていきましょう!

村上

TOP