BLOG

ブログ

物件情報はいらない。

村上です。

不動産投資で成功するのに
物件情報を集める必要はありません。

情報そのものではなくて、
物件情報が入ってくるルートを
手に入れてください。

分かりやすく言いますと

「 営業マン 」
です。

優良物件はこっそり来る!

あなたの物件情報は
どこから仕入れていますか?

ゼロから始めるのであれば、
ネットで物件探すしかありません。

ですが、

オモテに出てくる物件は
基本的に残りモノですので
気をつけてください。

・人の住まないエリア…

・欠陥や事故物件…

・相場以上の割高な値付け…

何らかの理由で、
「売れない物件」がネットに出る
というのが原則です。

良い物件はネットに出さなくても
水面下で売れてしまうからですね。

掘り出し物が掲載されることは
確かにありますが限りなくレア。

継続的に買えるレベルの
物件情報を仕入れるポイントは、
ルートを構築することですね。

仕入れルートを構築せよ!

力のある業者はネットワークを
持っています。

彼らのところには
優良な情報が集まって来る
ということです。

優良な情報があるので顧客が集まる
 ↓ ↑ 
買える顧客がいるのでさらに情報が集まる

好循環になります。

顧客同士での売買を
仲介することもありますから
彼らとうまくつき合えれば、
物件の売却先も見つけてくれるということ。

力のある営業マンと
出会う方法が2つあります。

・人の紹介

・ネットで探す

具体的にどうすれば良いのか。

投資家仲間の紹介がベスト!

成功している投資家には
必ずデキる営業マンがついています。

あなたが知人である紹介者と
つながっていますから、
業者も下手なことはできません。

一見さんへの対応は
どうしても雑になりがちです。

特にお客さんに困っていない
業者は紹介の人しか
相手にしないかもしれません。

良い業者を紹介してもらうには、
なるべくご自身と立場の近い
人たちが集まる場所に行くと効率的です。

ただし出会ってすぐに
紹介をお願いしてはいけません

それなりに仲良くなって、
投資の相談に乗ってもらううちに、
自然と紹介してくれるのが良い流れ。

知人の中に不動産投資で
うまく行っている人がいたら
ラッキーですね。

食事でもごちそうしながら、
色々と教えてもらってください。

業者を見極めるシンプルなチェックポイント

どうしても紹介してくれる人が
見つからなければネットで探します。

収益物件のポータルサイトに
情報を出している業者へ
まずはあたってみましょう。

・健美家

・楽待

・不動産投資連合体

などに物件情報や広告を
出している会社ですね。

最終的にはデキる営業マンを
個人を捕まえたいのですが、
会社自体の質も見極めが必要です。

デキる営業マンは優良業者にいます。

まずは会社を見極めましょう。

ポイントは次の通り。

・ド派手な広告を出していない

・まともな物件を安定的に出している

・掲載情報に抜け漏れがない

多数の業者を比較できるのが
ネットのいいところです。

スペシャル物件あります!は要注意。

派手な広告で釣ってくる会社は
注意してください。

広告に力を注いでいるほど、
クチコミでの顧客がいない
ということですから。

売主と意思疎通がとれておらず、
商談がなくなる場合もありますし、
おとり広告もしばしばありますので。

値付け間違いの掘り出し物件を
出してしまっている業者もいます。

・物件の価値を見る力がない

・買い手となる顧客を持っていない

・新たな顧客を探す気力もない

というないないづくしの
業者ということですので
つき合わないほうが無難です。

まあまあの物件をいくつか
出している地味な業者のほうが
信頼できますね。

じっくりと時間をかけて
優良業者を見極めてください。

本日のまとめです。

・成功のカギは営業マン

・物件ではなく業者を探す

・人の紹介で出会う

・ネットで探すなら地味な業者

・釣り広告には要注意

真剣に不動産投資をお考えで、
誠実な人付き合いをされれば、
きっといい出会いがあるかと思います。

ただし、優良業者と出会えたら
すべてOKというわけではありません。

ちゃんと物件紹介をしてもらるように
あなたのランク=優先度を上げることが
必要になってきます。

具体的にどうすれば良いか、次回に続きます。

今日もがんばっていきましょう!

村上

TOP