BLOG

ブログ

迷ったら都市部1棟レジデンス!

今日は投資戦略について。

不動産で戦略と言えば、

・エリアや物件種別をどこに特化するのか。

・物件調達、資金調達をいかに優位にするか。

といったことですね。

一番稼げる方法を考えるということ。

不動産は金額が大きいので
戦略次第で収益が大きく違ってきます。

スタートの自己資金が同じでも
数年で数千万円以上の
差がつく可能性も否めません。

なので、戦略はしっかり考えて
組み上げてください。

ライバルが少なく自分が得意
という場所や手法があると最強ですね。

ただし、考えすぎにも要注意です。

考えすぎて動けないのが一番もったいない。

----------------

考えているだけでは成果ゼロ

----------------
ですから。

お金がある人や
融資が引ける人ほど、
迷ってしまうようです。

選択肢が多すぎるからですね。

あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。

いつまでも方針が決まらない。
決まらないから行動できない。

迷うばかりで動かなければ
1円も稼げません。

不動産投資で成功している人は
例外なく行動力があります。

----------------

計画→行動→修正がベスト

----------------

ある程度情報収集したら、
仮でもいいので戦略を決めて
動き出すほうが得策ですね。

動けば課題も見えて
軌道修正もできるからです。

軌道修正は早い方がいい。

だから行動も早い方がいい。

致命的なミスさえしなければ
物件も銀行も数多く当たるほど
経験値も増えて成功確率も
上がっていきます。

村上さん!

そうは言うけど怖いです。

致命的なミスをしたら

どうするんですか?

軽率に動いてもマズいでしょ?

…はい、確かにそうなんです。

動けない人と同じくらい
考えない人がいるのには、
本当に驚かされます。

うかつな行動ばかりの人も
たくさんいてとても心配です。

----------------

おまかせ戦略→地獄行き

----------------

買えないだけならゼロですが、
うかつにマズい物件を
買ってしまうと最悪です。

エリア、間取り、入居付け?
融資、税金、修繕計画?

『よく分かんないから、
考えるのやーめた! 』

業者アレンジの物件を
購入してしまったりします。

行き当たりばったりなので、
戦略も何もありませんね。

・郊外のRC1棟マンション

・新築の区分マンション

・建売の狭小アパート

どれも業者の利益が
たっぷり乗っています。

しかもフルローンだと、
相場価格以上の借金なので
売却もすぐにはできません。

マイナス資産を
背負ってしまうくらいなら
何も買えないほうがマシ、
かもしれませんね。

----------------

迷ったら都市部一棟レジデンス。

----------------

一体どーしたらいいんですか?

もう自分では決められません!

でも不動産で稼ぎたいんです

何とかしてください!!

という人は、
都市部の一棟レジデンス
だけ取り組んでください。

レジデンス=住居系です。

もっとも失敗しにくい選択肢です。

▼なぜ都市部?

・家賃が高いので修繕コストが軽い

・需要が多いので広告費負担が軽い

・土地が高いので資産価値が減りにくい

・融資する銀行が多数あり選べる

・ファンドや海外投資家など買い手が豊富

・高値で売って利益を取りやすい

表面的な利回りは
地方より低いですが、
トータル収益では
圧倒的に都市部が有利です。

▼なぜレジデンス?

・物件数が多く仕入れやすい

・客付けや管理運営がシンプル

・ニーズが安定で景気に左右されにくい

・最後の手段として家賃を下げれば決まる

・だから銀行からも好まれる

まれにオフィスや倉庫など
事業用をやる方がいますが、
それぞれノウハウを持っています。

客付けや管理運営が
場所や物件の種類によって
まちまちなのです。

特に都心オフィスは
賃料の波が激しいので、
初心者にはお勧めできません。

▼なぜ一棟?

・土地があるので評価が出やすい

(融資が受けやすい、売却しやすい)

・売買も管理も効率的

(区分と比べて複数戸まとめてなので)

・空きスペースで収益アップも可能

(コンテナ、看板、自販機、太陽光)

区分や戸建と比べて
一棟は複数戸まとめてなので
効率的です。

が、その分流動性が劣ります。

なので、購入段階から
売りやすい物件を選ぶことが
肝心です。

----------------

まとめ

----------------

今日のおさらいです。

・早めに仮の戦略を立てる

・計画→行動→軌道修正で成果を出す

・迷ったら都市部1棟レジデンス

をお伝えしました。

今日もがんばっていきましょう!

村上

TOP