BLOG

ブログ

タダでも売れない土地

コン・パス代表 村上です。

今月もセミナーを開催しました。

定員を超えてご参加いただき、
広めの会場でもちょうどギリギリ(汗


今回も多数の方にお越しいただきました。

ご参加くださいました皆さま、
ありがとうございます。

前回から引き続きテーマは
「首都圏不動産投資」勉強会です。

利回り9%の地方RC物件と、
利回り8%の都心RC物件とでは、
トータル収益が10倍違ってきます。

といったシミュレーションなど、
共有させていただきました。

次回も予定しておりますので、
ご興味のある方はご参加ください。

個別相談会(希望者)も同日開催です。

▼6月18日「首都圏不動産投資」勉強会+個別相談会
次回セミナーのご案内

・・・・・・・

不動産が紙の投資より有利なのは、
現物があること。

融資が付くのはそのためですね。

特に銀行が好むのは土地です。

土地は建物と違って劣化しません。

また増えたり減ったりしませんから、
希少価値があります。

ただし、

土地に価値がある、というのは、
もう都市部に限った話かもしれません。

地方では地元の一等地を除いて、
ほとんどタダに近い場所もあります。

秋田県で7年ぶりにマンション着工。

というニュースが少し前にありました。

7年ぶりというのが驚きです。

その間、大規模マンションの建設は
全く行われていなかったんですね。

どういうことかというと、
「デベロッパーが利益を取れない」
というのが背景です。

通常のマンション開発では、
販売価格 > コスト(土地+建設費+経費)
となります。

差額が利益になります。

秋田県の例では、
販売価格 < コスト(土地+建設費+経費)
となってしまっていたんですね。

デベロッパーが利益を取るには
土地を安く仕入れないといけませんが、
ゼロ円で仕入れても成り立たないのです。

今回はたまたま秋田県でしたが、
他の地域でも十分にあり得る話です。

あなたの土地もゼロ円かもしれません。

建物があるとなおさらです。

解体費がかかるのでその分を
土地の値段から差し引かれます。

古くても賃貸住宅として
実際に稼働しているマンションは、
収益面では価値があります。

ですが、今の銀行評価としては
耐用年数超過の建物はゼロ円です。

収益性はあっても担保価値がない
とみなされてしまいます。

最後に残るのは土地だけ。

なので土地の価値は強いのです。

土地値は売却益にも直結します。

地方でも都市部でもフルローンは
ありますが収益性でも断然、
都市部の物件が有利です。

地方の利回りが12~13%あるころは
まだよかったのですが。

9%になってくるともうダメです。

利回り7~8%でも都市部。

出口を含めたトータル収支を
比較すると歴然とした差があります。

都市部が有利になるのは理由があります。

・返済スピードが速い(融資条件がよい)

・売却金額が高い(買い手が多い)

・譲渡所得の税額が小さい(簿価が減らない)

3つ目は説明が必要かもしれません。

気になる方は是非、勉強会へお越しください。

とにかく、結論として今始めるなら
都市部の不動産投資の方がよい、ということです。

・・・・・・・

前回セミナーへ参加された方々は、
ほぼ全員から面談のご希望をいただきました。

当社のスタンスにご賛同いただき
ありがたい限りです。

次回は6月18日を予定しております。

ご興味のある方はご参加ください。

▼6月18日「首都圏不動産投資」勉強会+個別相談会
次回セミナーのご案内

週末土曜日の午後、
個別相談会(希望者)も同日開催です。

勉強会は定員15名、相談会は先着6名様までですので、
お申込みはお早めにお願いいたします。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

コン・パス 村上

TOP