BLOG

ブログ

不動産の買い時はいつ来るのか?

コン・パス代表、村上です。

市況が高いので買い時を待ちます!

という人がいます。

確かに相場全体が上下しますので
買える物件が出にくい時期もあります。

ですが、何もせずに待っていて
良いのでしょうか?

買い時が来てからではもう遅い

からです。

買い時ということは
どういうことか
考えて見てください。

物件価格が上下する要因は
色々とあります。

一番は融資が出るかどうか。

物件高騰は融資が緩くなるのが
原因ですよね。

銀行評価が甘くなる

 ↓

融資金額が伸びる

 ↓

物件価格が上がる

ということ。

反対にリーマンショック直後など
過去に物件価格が暴落したのは、
銀行融資がピタッと
止まったからです。

融資が出ない

 ↓

買える人が減る

 ↓

物件価格が下がる

という仕組み。

融資が出なくなると
買える人が限定されます。

・資産家

・資金力のある業者

・セミプロ投資家

といった人たちの
独壇場です。

一部の人間がオイシイ物件をかっさらう

ということになります。

銀行からすると
融資の検討対象になるのは、

・取引実績のある人

・資産のある人

だけ。

融資を絞るということは
優先的な貸出先にのみ
お金を貸すということ。

なので、

返済実績がある既存客で
財務に余力があるところ
だけが融資対象になりますね。

つまりは、
これから不動産投資を
始めようかなーという人は対象外。

買い時になってから動き出しても
時すでに遅し、なのです。

では、どうすれば良いかというと。

買えない時は買い時に備える!

をお勧めします。

具体的には、

・融資実績を作る

・純資産を増やす

の2つです。

徐々に融資が閉まっている
とはいえ、まだ今なら
借りられる状況です。

特に信金や信組は、
融資金額が大きくなりがちな
やはり不動産には積極的です。

そして、

純資産プラスの状態を
キープすることを心がけてください。

どんな物件を狙うべきなのか、

どういった買い方をすれば良いのか、

次回に続きます。

今日もがんばっていきましょう!

村上

TOP