BLOG

ブログ

高所得者はカモられる!

村上です。

私はこれまでの人生で一度も、

年下の人を怒ったことがありません。

(年上はあります・笑)

そういうと、

「会社の新人さんに厳しいことを言ったりしないの?」

と訊かれるのですが、言いません。

なぜなら、

相手を変えることに、興味がないからです。

やるのも、やらないのも、その人次第。

新人さんがその仕事に興味を持てないなら、

私がいくら言っても、

本当の意味で真剣に打ち込むことはできないでしょう。

自分が逆の立場だったらと考えれば、

すぐにわかります。

楽しければ勝手にやるし、

面白くなければ辞めたくなる・・・。

興味がないのに、他人からいくら、

「しっかりしろよ!!」って言われたって、

無理なんです。

不動産投資をしていても楽しくない、

勉強がちっとも身に入らない、

ときどき、そんな相談を受けます。

私は、

「どうして? がんばろうよ!

やっているうちに楽しくなるかもよ!」

なんて言いません。

やるのも、やらないのも、その人が決めることだからです。

「お好きにどうぞ」、です。

嫌々取り組んでうまくいくほど、

不動産投資は甘いものではありません。

本気でやりたい人だけ、

やればいいと思います。

お金を増やす方法はいくらでもあるのですから。

ちなみに、

私自身はずっと、やりたいことをやってきました。

それは今も同じです。

だから、常に「人生って楽しい!」

って思って生きています。

不動産の仕事も、天職だと思っています。

そんなわけで、このメルマガも

ニヤニヤしながら書いています。

(アブナイ人ではありません・笑)

高所得者はカモられる

さて、本題です。

みなさんは高所得者と聞いて

どんな職種を思い浮かべますか?

・医師

・経営者

・公務員

・弁護士などの士業

・ITや外資系、大企業の社員

おそらく、こんな

イメージだと思います。

実はその中でもダントツで、

不動産投資でカモられやすい職種があります。

先に答えをいってしまいますが、それは医師です。

なぜでしょうか?

・お金に苦労していない

・いい人が多い

・普通の経営者と違い、お金の知識を持っていない

医師って、そんなタイプの人が、多いからなんです。

また、医療業界は

コンプライアンスがしっかりしていて、

周りに騙したり騙されたりした人が

少ないことも、関係しているのでしょう。

(どこかの業界とは大違いですw)

私の勉強会には、

金融系やコンサル、

外資や保険業界の会員さんが多くいます。

そういった方はやはり経済に強く、

交渉なども上手です。

特に、外資系の方は個人主義で、

「タダで自分を儲けさせてくれる人はいない」

ことを、肌感覚でわかっている印象です。

彼らは、結果を求められる世界で生きているため、

「お金」に関する数字に敏感です。

相手の「本意」を見抜こうとする鋭い目も持っています。

不動産業者から見ると、

やりにくい相手だと思います。

私は、話が早くて大好きですが。

医師は狙われている

そんな理由から、

投資物件を売る会社の中には、

「医師」だけをターゲットしているところもあります。

不動産会社だけでありません。

地元の病院を回って医師に営業をかけ、

年利7%といった高金利の小口融資を

盛んに貸し付けている地方銀行なども多々あります。

つまり、医師はそれだけ

「カモ」にされているのです。

・高所得者で

・経済に疎く

・いい人が多い

そんな医師のもとには、

いろいろな業種の営業マンが群がります。

実際、医師のリストは名簿業者の間で

高値で取引されています。

では、医師など高所得者の方が、

悪徳業者にカモられないためには

どうしたらいいでしょうか?

まずは、不動産投資について勉強することが一番です。

そして、最初はなるべく手持ちの資金で

「不動産を現金買い」するのがいいでしょう。

規模は小さくていいのです。

まずは、その投資で損失を負ったとしても、

本業の儲けで補填できる範囲で投資すること。

現金買いなんてスピードが遅い、

と思うかもしれませんが、焦る必要はありません。

ここで大事なのは、低いリスクで、

「経験」という武器を手に入れることです。

悲劇を繰り返さないために

一番やってはいけないのが、

多額の借金を業者に言われるがまま、

何も疑わずに背負ってしまうことです。

もし、投資が失敗すれば

本業まで破綻するかもしれません。

高所得者は忙しい方が多く、

不動産などの知識を学ぶ時間も

なかなか確保しにくいと思います。

だからといって、

ひと儲けしようと企む

業者の営業トークを鵜呑みにしてしまえば、

昨今のシェアハウス問題のような悲劇が

ふたたび繰り返されることになります。

「赤の他人をタダで儲けさせてくれる相手」

なんて、世の中には存在しないのです。

彼らは、自分や自分の会社の儲けのために、

おいしく見える話をせっせと運んでくるのです。

高所得者、特に医師の方は

・ウマい儲け話は疑ってかかる

・不動産投資を理解できるまでは現金買い

これを肝に命じてください。

がんばっていきましょう!

村上

TOP