稼げる人間になる・カセグ・casegood

BLOG

ブログ

成功はお金だけの問題ではない

村上です。

銀行が最近もニュースを賑わせています。

しかし、投資家目線で見たら、
「融資をしてくれる」なら、
銀行の看板なんて関係ありません。

鄧小平の言葉で、
「白いネコでも黒いネコでも、
ネズミを取ってくるのがいいネコだ」
という有名なものがあります。

銀行に当てはめてみると、
「お金を貸してくれるのがいい銀行だ」
となるでしょう。

何が正しくて、何が真実か、
犯人は誰なのか、
そんなことばかリ考えている
正義感の強い人が時々いますよね。

私はそういうのは好きではありません。

世の中では日々、
たくさんの出来事が起こっていますが、
それは単なるイベントであって、
それがどんな意味を持つのかは、
それぞれの人の受け止め方で変わってきます。

そして私自身は、
何かを「ジャッジする」ことは
好みません。

私自身、聖人君子じゃないですからね(笑)
知らないうちに誰かを
傷つけてきたこともあると思います。

ですから、淡々と
自分に必要な情報を集めて、
利用できそうなら利用する。
それでいいと思っています。

何が正しい、何が間違っている。
そんなことを追及したり、
ウワサしたりするのは、
ヒマな人のやることです。

自分のやるべきことに
集中していきましょう。

「成功」とは何か?

さて、本題です。
みなさんが知っている著名な大家さんで、

・〇千△百戸の賃貸物件を保有!
・年間家賃収入□千万円!

こんなキャッチコピーを
売りにしている方っていませんか?

いませんか?というより、
ほとんどの方が、そんな感じだと思います。

みなさんも経験があるかと思いますが、
不動産経営を志したばかりの頃は、
そういった大家さんに憧れて、

「自分も○○さんみたいになりたい!」
なんて思ったりするものです。

でも、こういった華々しい実績を
盛んにアピールする人たちって、
本当に成功者なんでしょうか?

実は、そうとも言い切れないんです。

今回は、不動産経営における成功とは何か?
これについて、一緒に考えてみましょう。

成功大家さんは成功している?

最初からこんなこと言うのも何ですが、
私がこの業界に長年身を置く中で、

「この人、不動産で大成功しているな」

そう思うような人に出会う事って、
実はほとんどないんです。

実際にギガやメガといった、いわゆる
成功大家さんに会う機会は多いんですが、
そういった人たちは大体、
財務三表のバランスシート(BS)
が良くありません。

・投資規模は巨大だけど
・借金(負債)も同じくらい莫大で
・BS上の純資産がほとんどない

こんな状態なんです。

え? でも村上さん、
そういった成功大家さんって、
何千万という家賃収入から
キャッシュフローを稼ぎ出して
ウハウハのはず。
それって、成功じゃないの!?

そう思いますよね?
でも違うんです。

キャッシュフローは儲けじゃない

ある時期、派手な売り出しで
客を集めていた成功大家さん達の中には、
なぜか途中で消え入るように
フェードアウトしていく人も少なくありません。

それはなぜか?

成功を謳っておきながら、
その多くは債務超過の借金まみれで、
儲かっていなかったからです。

というのも、債務超過状態で入って来る
キャッシュフローは、
稼ぎでも何でもないんです。

いわば「借金の前借り」のようなもの。

・借金を返すための原資を
・いち早く懐にしまいこんでいる

ただ、それだけのことなんです。

成功への長い道のり

そこを勘違いして、
「キャッシュフロー=儲け」と考え、
毎月ジャブジャブ浪費していると
いつまでたっても、債務超過の状態から
抜け出すことができません。

それどころか、年数が経つにつれて
物件の修繕費がかさみ、
空室も目立つようになります。

すると、
これまで潤沢だったキャッシュフローは、
泡のように減っていってしまいます。

つまり、キャッシュフローの金額を
華々しく自慢している人も、
本当に成功しているかどうかは、
その時点では全くわからないということです。

・残債をどんどん減らして
・10〜20年後に潤沢な純資産を築き
・財務三表の内容を良好にして
・銀行が喜んで融資してくれる状態

ここまで到達できれば、
確かに「成功した状態」と言えますが、
ほとんどの不動産投資家は、
そこに達していないんですね。

真の「成功」とは何か?

もう1つ、みなさんに
考えてもらいたいことがあります。
それは、

・どんな状態を成功と呼ぶのか?
ということです。

一般論では先ほどのように、
潤沢な純資産を築き上げた状態が、
不動産経営における「成功」ですが、
人によっては、そうでない場合もあります。

私が特に大切だと思っているのが、
メンタルの部分です。

・心理的に余裕がある状態

これです。

・自分に心理的余裕があって
・どんな危機を迎えようとも
・食っていける自信がある

そんな余裕のある人が、
真の成功者ではないでしょうか。

一方で、多くの不動産投資家は、
億単位の借金を背負って、
返済の不安を抱えています。

「この先、借金を返していけるかな…」

こういった不安を払拭するには、
強いメンタルを何年も維持しつつ、
経営状態を改善しなければなりません。
そこが難しいんですね。

あなたにとっての「成功」とは何ですか?

これから不動産経営を始める方も、
すでに始めている方も、
今一度、このキーワードについて
考えてみてはいかがでしょうか。

がんばりましょう!

村上

▼本気で稼げる投資家になりたい方はこちら▼
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://wp.me/P8S41o-xh

▼コン・パスのFacebookページです。
いいね!お願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://bit.ly/2ntcpC5

TOP