BLOG

ブログ

闇雲にリスクを恐れるな

村上です。

以前の話になりますが、
老後の生活費が2000万円不足するという
ニュースが話題になりました。

素朴な疑問なんですが、
あれ、騒いでいた人は
どういう心境なんでしょうか?

20歳から60歳まで、
収入のほんの一部を
積み立てておいただけで、
なぜ60歳から死ぬまでの生活費すべてを
賄えると思うのでしょう。

単純な計算でわかる話です。

確かに、人口が増えていた時代は
それが可能だったかもしれません。
しかし、それが続かないのは
ずっと前からわかっていたことです。

にもかかわらず、
まるで初めて聞いたような顔をして
被害者然として文句を言うのは、
ちょっと、都合がよすぎませんか?

不平不満を述べているヒマがあったら、
来るべき時に備えて、
転職なり、副業なり、投資なり、
何らかの手を打つ方が賢いと私は思います。

過去に「チーズはどこへ消えた」
というベストセラーがありました。

ずっとあったチーズがある日突然なくなった。
チーズはどこかにあるはず、
なぜなくなったんだといいながら
同じ場所を探し続けるネズミと、
さっさとその場所から離れて
別のチーズを探すネズミ。

どちらのネズミが成功に近いでしょうか。
答えは明白、
その場所を離れたネズミです。

それにもかかわらず、
多くの日本人はダメなネズミのように
過去に執着して、時間を無駄にしています。

それに、
老後を豊かに暮らすために一番大切なのは、
お金ではなく、健康だと私は思います。

健康であれば働くこともできるし、
医療費だってかかりません。

運動もせず、好きなものを食べ、
お酒を飲んで、タバコを吸って、
年金が足りないと文句を言うのは、
何かおかしい気がします。

とはいえ、お金ももちろん大切です。
そして、老後の生活を豊かにするための
手法の一つに、不動産投資があります。

今のうちにしっかりと準備すれば、
年を取ってからでも取り組める事業です。

老後を豊かに生きたい方、
本気で勉強する気がある方、
ご相談ください。

リスクを知れば怖くない!

さて、本題です。

みなさんは、不動産のリスクについて
どう考えているでしょうか?

不動産って、実に
さまざまなリスクがありますよね?

・滞納や入居者トラブル
・空室や家賃相場の下落
・建物の劣化
・火事や天災
・自殺や殺人事件

これらは最終的に、
借金の返済リスクへつながっていきます。

物件を1つ買いたいと思った時、
何千万・何億もの借り入れをしなければ、
始めることができないのが不動産経営。

さらに、大手経済誌の特集などでは、
「人口減少で、大空室時代が到来!」
こんな記事もあったりします。

となると、やはり不動産は
リスキーな投資なんでしょうか?

いいえ、そうじゃないんです。

今回は、リスクが不安で前に進めない人へ、
人生観の話題も交えてお話ししたいと思います。

誰もがリスクを背負っている

最初に質問です。

みなさんはこれまで、
どんなリスクを経験してきましたか?

例えば、日本人の中間層のような、

・小中高と順調に育って
・大学もそこそこの成績で卒業し
・安定した企業や役所に勤めながら
・家族もそれなりに幸せ

こんな感じで、30〜40年生きてきたなら、
これまでリスクを意識したことが、
あまりなかったんじゃないでしょうか?

ここから、残りの人生を賭けて借金をし、
不動産経営というリスクを取りに行くのは、
なかなか勇気のいることだと思います。

でも、よく考えてください。

今現在、生きているこの瞬間だって、
既に、いろんなリスクを背負っているんです。

・マイホームなどのローン
・子供の教育費
・リストラや収入ダウン
・体力や健康面

特に、健康オタクの私から見れば、
しょっぱいものを食べて酒を飲むなんて、
ハイリスク以外の何物でもありません(笑)

人間、何をやるにしても、
健康あってナンボの世界ですからね。

借金で死にはしない

私は以前からつねづね、

「借金するなら死ぬ気でやれ!」

みなさんにそう言ってきました。
そのくらいの覚悟で臨め!ということです。

でも、借金だけで死にはしませんし、
誰かに殺されることもありません。

万が一、経営がうまく行かなくて、
返済に行き詰ってしまった…。

そうなったら、破産手続きをして、
「ごめんなさい」すればいいんです。

きちんと手続きをすれば、
債権者につきまとわれる事もありませんし、
年月が経てば再起も可能です。

だから、これからの人生、
やりたい事をやったもん勝ちなんです。

誰だって、どんなに頑張って生きても、
せいぜい100年がいいところ。

その1日1日を、何の変化のないまま
命を削ってダラダラと過ごすなんて、
そっちの方が問題だと思いませんか?

・たとえ大金持ちになろうが
・借金を抱えて失敗しようが
・誰だっていつかは死ぬんだから
・悔いのない人生を過ごす!

このくらいのマインドを持ちましょう。

リスクは数値化できる

とはいえ、わざわざ失敗するために、
不動産経営を始める人はいませんよね?

これを読んでいるみなさんだって
事業を軌道に乗せて儲けたいはず。

であれば、リスクの正体をきちんと把握し、
あらかじめ備えておくべきなのです。

不動産が他の投資に比べて有利なのは、

・リスクを数値化できること

これです。

最初からきっちりシミュレーションして、
数字的な予測を立てておけば、

「家賃がこれくらい下がっても利益は出る」
「空室が○戸出ても、持ちこたえられる」

といったように、
迫り来るリスクに数字で対抗し、
難局を切り抜けることができるのです。

さらに、予期せぬ事故や天災、滞納なども、
火災保険や保証会社がカバーしてくれます。

つまり、オーナーは物件を

・安く買って
・高稼働で回し
・高く売る

このサイクルさえ忠実に守れば、
リスクを闇雲に恐れる必要なんてないんです。

負けない不動産経営を目指せ!

リスクの話、いかがでしたか?

世の中には、不安を抱えると、
前に踏み出せない人がいっぱいいます。

逆に、儲かるという話につられて手を出し、
火傷を負う人もたくさんいます。

それもこれも結局、
リスクの正体が見えていないからなんです。

みなさんも、リスクにきちんと目を向け、
負けない不動産経営を目指してください。

そのお役に立てるよう、私たちも引き続き
みなさんを応援していきます。

がんばりましょう!

村上

TOP