BLOG

ブログ

自由時間が欲しいなら賃貸業しかない

村上です。

世の中の
不動産投資家には、

・不動産を買って
・不労所得が入れば
・老後のお金も安心

と、考えている方が
未だに多い印象があります。

でも、そんなに甘くないですよ。

私のコラムを読んでいる方なら、
よくご存知だと思いますが、
不動産は「買ってから」が勝負。

決して、
いい物件が買えれば成功
でも、
いい物件なら30年回る
わけでもありません。

物件を買うことがゴール
では、ないのです。

しかし、多くの投資家は、
一度物件が回り出すと、

・このままずっと安泰だろう
・お金も安定して入るだろう

と思ってしまうんですね。

もちろん、いい物件が買えれば、
経営当初は順調かも知れません。

しかし、不動産というものは、
「右肩下がり」が基本形であり、
一番いいときの状況が、
10年20年と続くことはありえません。

・建物は次第に老朽化して
・市場での競争力も低下し
・ライバルが続々と参入する

という状況の中、
何も手を加えないでいれば、
いずれ必ず市場から
淘汰される運命なのです

さらに、管理会社や業者など、
不動産投資のパートナー達は、
あくまで
自分達の儲けが最優先。

オーナーの成功など
二の次ですから、
こちらの経営がピンチでも、
同情などしてくれません。

・まかせておけば安心
・このままずっと安泰

という幻想は、
早く捨てるべきです。

不動産はあくまで、
「稼ぐ」ためのツール。

例えるなら、

・大工の大工道具
・農家のトラクター

みたいなもの。

道具を揃えただけで、
お金を稼ぐことは出来ない
ということは、わかりますよね。

自分で稼ぐ能力を
きちんと身に付け、
どんな環境の変化にも、
柔軟に対処できる。

そんなしたたかさを
手に入れてください。

それが、
真の安泰を実現する、
大事な資産となるはずです。

不動産賃貸業で幸せになれる?

さて、本題です。

不動産賃貸業は、
「投資」というより、
「事業」に近いものです。

株などの金融商品より、
確実に手間は掛かりますし、

経営規模を拡大しようとすれば、
多額の資金が必要となるなど、
お手軽でないことは事実。

しかし、一方で
メリットもあるんです。

それは、
毎日、通勤電車に乗ることもなく、
拘束される時間もないなど、
他業種よりはるかに
時間的な自由が得られるということ。

今回はそういった、
不動産賃貸業における
制約の少なさについて、
考えてみたいと思います。

自営業は拘束の日々

例えば、あなたが
以前からの夢だった
「喫茶店の開業」について、
行動を始めるとします。

目ぼしい立地にお店を借り、
ひと通りの什器備品を揃えて、
いよいよ自分の喫茶店を
オープンまで漕ぎ付けます。

しかし、オープン後は当然ながら

・営業時間に拘束される
・営業日に拘束される

という日々が続きますよね?

店を続ける限り、拘束から
解放されることはありません。

さらに、店を休めば
売り上げも減りますから、
風邪だろうがお腹が痛かろうが、
寝込んでなんていられません。

そんな中で、
売り上げを維持することは、
本当に大変なことだと思います。

自分の身体が最大の資本
というわけですね。

不満なのに辞めない人たち

サラリーマンだってそうです。

自営業みたいに、
休んだら即収入減に…
とまでは行きませんが、
多くの時間を会社に拘束されます。

帰宅後や休日だって、
家族サービスに忙しいですよね。

となると、
「自分」の時間を確保すること
は難しくなってしまいます。

でもこれ、
自分がそういう人生を
選んだのだから、
当然のことなのです。

居酒屋などで、

・上司が使えない
・給料が少ない
・休みが取れない

といった、会社への不満を
漏らしている人がいますが、
どうなんでしょうね。

だって、
誰からも強制されていませんよね。
自ら選んだ仕事なんですよね。

不満があるなら
とっとと辞めて転職するか、
自分のスキルで起業するなど、
活路を見出せばいいだけ。

しかし、そういった人の多くは、
実際に行動を起こさず、
ただ不満だけを募らせるんですね。

ハードルとプレッシャー

一方、不動産賃貸業は
どうかというと、

起業当初は、
銀行開拓や業者周りなど
相当な努力と行動が必要になります。

そのハードルを避けて、
最初から業者に丸投げしていると、
儲けの多くを抜かれ
結局、何も儲からない
ことになってしまいます。

さらに、不動産賃貸業には、
借金というプレッシャー
も、重くのし掛かります。

億単位のローンを組み
数十年という長い期間
毎月の返済を確実に行う・・・

そんな借金のプレッシャーは、
実際に借りた人間でなければ、
なかなか理解できないものです。

自分の力で解決できる

しかし、
経営規模をある程度の
レベルにまで持って行き、

満室経営をキープして、
借金のプレッシャーを
跳ね除けることができれば、
これほど楽な商売もありません。

管理会社や仲介業者など、
パートナーとの連携を
上手く機能させてしまえば、
社員やパートを雇うことなく

自分1人で経営
することも出来ますし、
いい管理会社に入ってもらえば、

ほとんどオートマチックに
毎月収入が入ってくるような
経営も難しくはありません。

旅行で不在にしていても
風邪でしばらく寝込んでも、
売り上げに影響はないんです。

経営危機にも強い

さらに、不動産賃貸業は、

・家賃の滞納は保証会社
・火事や地震は火災保険

といった
セーフティネットがありますから、
ある日突然、
売り上げがゼロになる
といったリスクもありません。

もちろん、多少の
トラブルはついて回るものの、
その多くは
管理会社が対応してくれます。

・不祥事で営業停止処分を受け、
その後の客足も激減した

・クレーム処理に忙殺され、
返品の山に埋め尽くされた

・得意先の倒産によって、
資金繰りに頭を抱えている

といった、多くの業種に
ありがちな経営危機にも、
ほとんど無縁なのです。

自由で安定した稼業

不動産賃貸業というものは、
資金やノウハウの蓄積、
パートナーとの連携など

・最初の段階が一番大変

ですが、一度回り出せば

他人に依存せず、
誰からも文句を言われず
自分の時間が持てる
自由で安定した稼業なんですね。

人生は一度きりです。

境遇に不満を募らせるより、
自分の意思で道を切り開き、
幸せを掴んでください。

がんばりましょう!

村上

TOP