BLOG

ブログ

家賃のカード決済ってどうなの?

村上です。

私の主催している勉強会の会員さんは、
年収1000万円を超えるような、
いわゆる属性のいい方が多いんです。

医師の方や弁護士さんなど、
その道のプロという方も
少なくありません。

募集の際には
「高属性の方におすすめ」
「年収の高い方歓迎」
なんて一言も書いていません(笑)。

むしろ、年収にこだわらず、
これからの人生を豊かにしたい
と思う多くの方に来てほしいと
思っていました。

別に、「うちの勉強会ってすごいでしょ」
と自慢したいわけじゃないんです(笑)

ではなぜこんなことを
書いたかというと、
「お金持ちほど、お金の勉強をしている」
という事実を、
伝えたいと思ったからなんですね。

お金持ちになりたくて
お金の勉強をしたから、
お金持ちになれたのか?

お金持ちになったから、
その生活を守るために
お金の勉強をするのか?

一人ひとりインタビュー
したわけではないので
正解はわかりません。

ただ、個人的には、
その両方だと思っています。

お金持ちになりたくて、
お金の勉強をして、
お金持ちになって、
さらにお金の勉強をする…。

こういう人が、
お金に好かれないはずは
ないですよね。

日本が民主主義である以上、
勉強や努力で
お金持ちになることは可能です。

それなのに、実際には
「どうやったらお金持ちになれるか」
を真剣に学ぼうとする人は
驚くほど多くありません。

これも、日本の学校教育の弊害
なのかもしれませんね。

日本の学校では、
指示されたことをマジメに
遂行する労働者を増やすような
教育をしていますからね。

私は過去、学校を面白いと思えず
不登校のような時期も長かったので、
学校教育にはまったく
染まりませんでした。

周りには心配をかけたかも
しれませんが、
それでよかったと思っています。

皆が授業を受けている間、
電車に乗って全国を旅行したり、
音楽をやったり、
色々な経験ができましたから。

若い頃に、
やりたいことはやり尽くしたから、
今はおとなしくこうして
会社を経営できているんだと思います(笑)

話がそれましたが、
これからの時代は、
就職した会社で出世して、
給料を上げていくだけで、
豊かになることは難しいでしょう。

お金持ちはいいなあ、
とうらやむヒマがあるなら、
一度本気で、お金の勉強を
してみたらいいと思います。

お金持ちが勉強して
お金持ちになったように、
誰だって努力をすれば、
豊かになることはできるのです。

家賃のカード決済はどうよ?

さて、本題です。

以前、うちのスタッフから
家賃をクレジットカード決済
にしているが、

それは物件の管理会社から
入居時にそのカードを作らされた
からという話を聞きました。

管理会社は、
新規カード発行のインセンティブを、
入居ごとに受け取れるわけで、
ずるいやり方だなと思いました(笑)

ただ、
家賃をカード払いにすること自体は、
私自身、大いに進めていいと思っています。

そもそも、これほど
キャッシュレス化が進む時代の中で、
いまだに家賃だけは現金払い
なのは、時代錯誤も甚だしいですよ。

というわけで今回は、
家賃のクレジットカード払い
について、考えてみたいと思います。

カード決済のメリットとは?

家賃の支払いを
クレジットカード決済にすると、
入居者/オーナーの双方に
多くのメリットが生まれます。

例えば、入居者にとっては

・後払い出来る
・分割が出来る
・ポイントが貯まる

オーナーにとっては、

・家賃の滞納がなくなる

と、いいこと尽くめなのです。

保証会社が普及した現在でも、
オーナーにとって、
入居者に代わって
カード会社が家賃を払ってくれる

というのは、
かなりの安心感につながるはず。
やらない理由はないですよね?

ではなぜ、
クレジットカードが普及した現在
においても、今だに
カード決済が進まないのでしょうか?

日本の決済手数料は高すぎる

その理由は、
日本のクレジットカードにおける
決済手数料が高すぎるから
だと、私は考えています。

例えば、

・月額家賃が10万円
・カード決済手数料が3%

の場合、オーナーや管理会社は
月々3千円分の利益を失う
ことになります。

もちろん、その手数料分を
家賃に上乗せすればいい
のですが、

そうなると
賃貸市場での競争力を失いかねない
という危惧もあり、

オーナーが腰を上げにくい
のが現状ではないかと思うのです。

ポイントがハンパなく貯まる

そもそも入居者にとって、
クレジットカード決済の

・後払い出来る
・分割が出来る
・ポイントが貯まる

というメリットは、
相当に大きいはずです。

家賃というものは、
何万という額を毎月決済する
のですから、

ポイントの貯まり具合もハンパない
ことは、間違いありません。

まぁ、ポイント自体が嫌いな
私個人の意見としては、

ポイントを貯めるぐらいなら
キャッシュで還元してほしい
という思いもありますが(笑)

貯まらないより貯まる方がマシ
ですよね?

カード決済を推進しよう!

これだけ
キャッシュレス決済が普及した
現代において、

カード払いに抵抗のある入居者は
殆どいないと思いますし、

カード決済が可能な物件に住みたい!
というニーズも多いと聞きます。

現金払いが嫌いで
カード決済が好きな
私個人としても、

家賃のカード決済を
積極的に推進すべき
だと考えています。

あとは、物件のオーナーが
決済手数料の高さをどう捉えるか
に、掛かっているんですね。

国がメスを入れるべき

現在は国を挙げて、
キャッシュレス決済の普及
を推進している状況です。

日々の買い物から
税金の支払いまで、

キャッシュレス決済が
勧められているのですから、

これまで聖域であった
カード決済手数料の高さ
に対して、

そもそも
国がメスを入れるべき
ではないでしょうか。

一部の既得権益のために、
市場経済の活性化が阻害される
というのは、

昨今の
携帯電話料金の引き下げ
でも明らかだと思います。

オーナーは速やかに決断すべき

とは言え、現状で今すぐ
決済手数料の高さ
を変えることが出来ない以上、

私たちオーナーは
管理会社と話し合って
どうすべきかを早めに決める
のが次善の策だと思います。

カード決済可にすれば、
入居者にも選ばれやすくなりますし、
カードが使えるというだけで、

・信用のある入居者

という証明にもなりますから、
その点でも
オーナーの安心につながる
はずです。

カード決済手数料を嫌って
重い腰を上げずにすますのか…

積極的にカード決済を導入し、
良質な入居者を取りに行くのか…

キャッシュレス決済が進む中で、
その決断は速やかに行うべき
だと思いますよ。

がんばりましょう!

村上

TOP