BLOG

ブログ

1つに集中すれば成功出来る

村上です。

都心相場の高騰による影響で、

「物件が高くて買えない…」
「高利回り物件が消滅した」

と嘆く投資家が増える中、
私自身は相変わらず
忙しい日々を送っています。

特にここ最近は、
休むことを許されない状況に
追い込まれているんですね。

休みの日であっても…
夜中でも早朝でも…
とにかく着信が頻繁にある

さらに、業者からは
物件の資料などが
バンバン送られて来ます。

それが良い物件だったりすると、
即座に食いつく人間ですから、
また新たな仕事が増えたりするわけで…

まぁ、そんな
スパイラルにはまっていると、
「高くて買えない」という投資家を、
不思議に思ったりもするんです。

そもそも物件が買えないなんて、
理由の多くは本人にあることが殆ど。

少なくとも私自身は、
儲かる物件をきちんと買っています。

もちろん、高いといえば
確かに高いのは間違いありません。

でも、それを言い訳にするのは、
個人的にあまり好きじゃないです。

一般の個人投資家に買える物件がない

というのも、関係ないですよ。

個人だって、努力次第で
プロ並みの結果は出せますから、
それを理由には出来ないはず。

いつどんな世の中であっても、
買える投資家は買っていますし、
キャッシュフローだって出ています。

とにかく、誰にも負けないぐらいの
行動力と熱意を持って物件を探す。

そこまでやって結果が出ないのなら、
物件探しのアプローチ自体に
問題があるのではないでしょうか。

自分が思っていたことに対して、
結果が大きく異なった場合、
人というものは、

何かのせいにしたがる

ものですが、
それじゃ投資の成功なんて、
いつまで経っても望めません。

買えない理由を探すのではなく、
買える情報力と行動で現状を打破する

そんな個人投資家が、
もっと増えて欲しいところです。

1つに集中すれば成功出来る?

さて、本題です。

ひと言で不動産投資家と言っても、
いろんな方がいるものです。

・安易に始めて失敗する人
・石橋を叩いて渡れない人

が、いい結果を出せない中、

・行動や決断が早い人
・情報収集能力に長けた人

が、先輩投資家を出し抜いて、
急成長するなんて話も、
それこそゴロゴロしています。

もちろん、不動産投資には
絶対の正解なんてありませんから、

最終的に儲かったかどうか?

が重要であって、
結果が全てなのは間違いありません。

ただ、1つだけ
確実に言えることがあります。

それは…

一貫性がないと成功は難しい

ということ。

今回は、これについて
私なりの見方を書いてみます。

ブレる投資家が多すぎる?

投資に一貫性がないというのは、
例えばこんな感じです。

不動産投資を志した当初は、
一棟マンション投資を
真剣に考えていたものの、
その後は、

区分に行ったり…
築古の戸建に行ったり…
土地から探してみたり…
競売をやってみたり…

あるいは、

不動産投資より株がいい…

などと、軸足を定めずに

あっちが儲かると思えばあっちへ
こっちが儲かると聞けばこっちへ

と、ブレまくることを指します。

どの投資にも深入りすることなく、
気付いてみれば、

何1つまともな結果を残せていない

そんな投資家が、実際には
ものすごく多いという印象です。

大成するには基礎作りから

その道に精通することが出来なければ、
他の分野で成功することも難しくなります。

要は、基礎がしっかりしていないと、
上物がガタつくみたいなもの。

例えば、作曲家になるとしても、
バイエルの基礎から練習しなければ、
ピアノを弾くことだって出来ません。

いきなりの素人が作曲しようとしても、
そりゃ無理ってもんですよ。

絵画だってそうです。

ピカソみたいに自由な絵を描くにしても、
絵画の基礎がしっかりしているからこそ、
あのような表現が生まれるんです。

もちろん、投資でも同じですよ。

投資の基礎をしっかり学んでこそ、

スピード感や行動力に優れ、
良い物件を即座に見抜き、
高利回りの満室経営を実現する

ことが出来るんです。

ファクトにこだわれ!

ですから、これから投資を始める方は、

まずは何か1個に集中して、
投資の基礎を築くことに専念

してください。

出来れば、主観的に

あの投資がいい
この投資はダメだ

というのではなく、あくまで

数字などのファクトにこだわる

ことをお勧めします。

主観は人によってさまざまですが、
ファクトは誰にでも公平ですよね?

別に、首都圏がいいとか
逆に地方はダメだとか、
そんなことは関係ありません。

その投資が儲かるのか?
それとも儲からないのか?

あくまで、1+1=2といった、
数字から判断したほうがいいです。

何かに精通すれば強い!

不動産投資は、別に
良い物件を買えば成功じゃありません。

・法律
・建築
・財務
・税務

さまざまなものに精通しなければ、
結果を出すことは難しくなるのです。

つまり、そこまで突っ込んで
1つのものに精通しなければ、

不動産投資のイロハは身に付かない

というわけですね。

もちろん、投資家によって
いろんな考え方があると思いますし、
私の言うことが絶対でもありません。

しかし、これまで
数多くの投資家を見て来た中で、
共通して言えることといえば、やはり

何かに精通している人間は強い

ということなのです。

まずは何かを極めてみよう

ですから、
これを読んでいるみなさんも、
あれこれと首を突っ込むことなく、

まずは何かを極めてみる

ことに集中してください。

極論、不動産投資じゃなくても
構わないと思います。

どんな分野においても、
何かを成し遂げることが出来れば、
他のことだって容易いですよ。

不動産投資であれば、
どんなジャンルでもいいですから、
しっかりとした筋道を立てて、
そこに一生懸命頑張ればいいですし。

それがある程度分かれば、
他への応用だってより簡単になるはず。

結果的に、みなさんの成功が
より現実的になると確信していますよ。

がんばりましょう!

村上

TOP