BLOG

ブログ

ファミリー区分は手が出ない

村上です。

ネットやリアルの場を問わず、

批判ばかりする人

って、どこにでもいますよね?

例えば、TwitterなどのSNSでも、

・他の大家さんの悪口を言う
・徹底的に論破しようとする

ような発言を、結構な頻度で見かけます。

私は基本的に、そういった批判を
出来るだけ目にしたくない人間なので、

批判ばかりする人はブロックしている

のですが、それでも

批判をする人はなかなか減らない

んですね。

私には理解出来ないのですが、
どうして、SNSなど
多くの人が目にする場で、

公然と誰かを批判する

のでしょうか?

誰だって、そんな批判を目にしたら、
嫌な気持ちになりますし、
仮に尊敬の念があったとしても、
一気に失せてしまいますよ。

結局、批判する人たちは、

プラスになるどころか
マイナスばかりが増える

わけで、本人にとっても
決していいことではないはず。

にもかかわらず、
世の中ではあらゆるところで、

・誰かが誰かを批判する
・寄ってたかって炎上する

ということが、
ごく当たり前に起こっています。

もちろん、批判に同調出来る人なら

「やれやれ!もっとやれ!」

という気持ちもあるでしょう。

ただ、それ以外の人たちはおそらく、

「批判なんて目にしたくない」

という方が、殆どじゃないでしょうか。

誰だって、
発言の自由は保障されていますし、
他人を批判する権利だってあります。

特に、頭のいい論破系の人たちは、
論理的に相手を追い詰めますし、
その論理も整理されているものです。

また、本人にとっては、
批判ではなく意見かも知れません。

でも、その批判によって
自分の評価が落ちても
果たして平気なのでしょうか?

言葉という力で、
相手をねじふせようとする行為は、

どんなに頭が良かろうと…
どんなに論理的であろうと…

意見とは受け止められないもの。

気に食わないから、
相手を打ち負かしたい!

そう考えるのであれば、

相応の評価を覚悟しておく

必要があるでしょうね。

ファミリー区分は手が出ない?

さて、本題です。

当社の会員さんから、

****

ファミリー区分の購入を
考えているのですが、
市場が過熱し過ぎているため、
足踏みをしています。

現在の高値相場でも、
割安なら購入すべきなのか?
参考までに教えてください。

****

という質問をいただきました。

確かに、現在の相場は
以前に比べて明らかに高過ぎる
のは明白です。

もう、個人的には
目まいと吐き気がするぐらい(笑)

また来たのか!
まだ行くの!?

そんな勢いで、
ガンガン上がってるんです。

今回は、このテーマで
語ってみたいと思います。

ファミリー区分は堅実

私は、基本的に区分が好きなので、
これまでも多くの方に、

区分投資を勧めて来た

という経緯があります。

なぜなら、都心の区分は

・家賃
・売値

が、ほぼ確実に読めるため、

・ローリスクな投資で難しくない
・流動性が高く即現金化出来る

という魅力があるからです。

実際、都心のファミリー区分を
ある程度の家賃で募集すれば、

長期の空室はほぼ起こらない

ですし、売却価格も相場並みで

間違いなく買い手が付く

のです。

銀行の評価も高い

わけで、融資に困ることもありません。

相場がガチガチである以上、

大きく儲けることは難しい

のですが、
きちんと安く買うことが出来れば、

誰だってそれなりに儲かる

投資だったんですね。

その物件、誰が買えるの?

それが、ここ数年の市場は
異様なほどの高騰が続いており、

手堅い儲けさえも出にくい

という相場に、
なってしまいました。

私個人としても、

足踏みしたまま動けずにいる

のが正直なところ。

現在の都心では、

億超えのファミリー区分

なんてゴロゴロしていますから、
個人的に買える限界は
とうに超えている印象です。

おそらく、
世帯年収2000万円以上のいわゆる

パワーカップル

でさえ、手が出ないと思います。

「誰がこの値段で買えるの?」

と、言いたいぐらいですよ。

郊外のほうがずっと割安

とはいえ、現在のファミリー区分が

全て高値掴みになるのか?

というと、そうでもないです。

大幅に安い物件は皆無ですが、
そこそこ安い物件であれば、
何とか買えると思いますし、

都心にこだわりがなければ、
同じ東京都内でも、

東部や北部エリア

を探せば、都心に比べて

大幅に安く買える

物件も見つかるはずです。

さらに、川を渡って

千葉や埼玉エリア

も視野に入れれば、それこそ

・平成築
・1000万円以下

のファミリー区分が、それこそ
ゴロゴロ売りに出ていますから、
冷静に考えれば、

「そっちでもいいんじゃない?」

などと思ってしまいます。

都心はバランスが悪い?

つまり、現在のファミリー区分は

都心だけが異常に高値という、
あまりにバランスが悪い相場

だと、言わざるを得ないのです。

おそらく、この高値相場は
この先もしばらく
止まることがないでしょう。

でも、相場は水物です。

銀行が相場に付いて来なくなったり、
何らかの事情で融資が閉まったら、

高値掴みでババを引く

可能性だってあるのです。

まぁ、数年前からそう言われつつも、
強気の相場が続いてるんですから、
どこまで続くのかは見通せません。

もちろん、それとは逆に
銀行が住宅ローンの要件を緩和して、

より長期かつ低金利で組める

ようになれば、それこそ
バブルが始まるかも知れないですし。

勇気を出して買うべきか

そんなわけで、
現在のファミリー区分は
非常に買いにくい相場なのですが、

新築ワンルーム投資

などに比べたら、

圧倒的にバリューが高い

ことは、間違いありません。

月々のキャッシュフローが、
多少の手出しになったとしても、
市場価格が上がり続ければ、

結構早い段階で損益分岐を迎える

ことも出来ますから、
プラスを出すことも不可能じゃない
という視点は持っておくべきです。

少なくとも、ファミリー区分の

相場が堅くてローリスク

という点は、
今後も変わらないでしょうから、

勇気を出して買ってみる

というアプローチも、
悪くはないと思いますよ。

がんばりましょう!

村上

TOP