BLOG

ブログ

仕事が速い投資家、遅い投資家

村上です。

生きづらいとかなんとか、

今の日本を悪く言う人って、

意外と多くありませんか?

でも、自分はそう思いません。

むしろ、好きなようにやりたい人にとっては、

有利な時代になっていると思います。

私は子供の頃、学校が嫌いでした。

授業中に一カ所にじっと座っていることが、

苦痛でたまらなかったんです。

当時は、義務教育の子が

学校に行かないことを「登校拒否」といいました。

子供の言い分を聞こうとする人はおらず、

登校拒否の子供は不良か病気、

というような見方をされました。

私も、心配した周囲の大人に、

精神科のようなところに連れていかれました。

当然、何も問題は見つかりません。

自分で言うのもなんですが、

メンタルは強い方です(笑)

ここ何年かで、「登校拒否」という言葉は

使われなくなりました。

今は「不登校」といって、少なくとも

私が子供の頃よりもずっと、

世間の理解は深まったと思います。

フリースクールや通信教育も充実しています。

あの頃、学校に行けない子たちが、

〇〇ヨットスクールに放り込まれていたことを思うと、

隔世の感があります。

時代は流れ、常識も、変化します。

世間の「当たり前」を疑いましょう。

自分の中に違和感があるなら、

そちらを優先してください。

何を好きで、何が嫌いか、

何が合っていて、何が合わないかは、

自分自身が一番よくわかっているはずです。

世間の常識より、自分の常識を大事にして

生きたって、いいんです。

今の日本では、それでも成果を上げていけます。

昔は困った「登校拒否」児だったのに、

今は好きな仕事をして、

幸せに暮らしている

村上が言うのですから、間違いありません(笑)

仕事が速い投資家、遅い投資家

さて、本題です。

サラリーマン大家のみなさん、

本業をやりつつ不動産投資で成功するって、

大変だと思っていませんか?

平日の起きている時間はほとんどが会社の仕事、

休日は不動産の勉強と家族サービス、

時間がいくらあっても、足りません。

山のようなタスクに追われる日常で、

不動産投資に時間を割くなんて、

どう考えても自分には無理だ…

と、嘆く人がいるかも知れません。

でもみなさん、

すべてをパーフェクトにこなすことは、

そもそも無理なんです。

100%を目指すことは、

やめたほうが自分のためです。

どういう意味なのか、

これから順を追って説明します。

デキる? 投資家とは

私は仕事柄、不動産投資家のみなさんと

お話しする機会が多々あります。

その中には、

数年の間に驚くようなスピードで

投資規模を拡大させる方もいます。

そういった「仕事の速い」人たちは、

・頭脳明晰で即断即決

・行動力も人の数倍で

・物件を確実にゲットし

・本業やプライベートも充実

そんなエリートばかりだと思いますか?

実は、そうでもないんです。

実は、そういった「結果を速く出す人」は

仕事自体が速いというのもありますが、

単に「それしか」やっていない、

という理由で成果を上げている人が多いのです。

他のことを後回しにして、

不動産投資に注力しているからこそ、

スピードが速い!

と周りの人にはうつるのです。

この間、お話した人は、

会社の仕事をほったらかしにしても、

不動産投資を優先する、というタイプでした。

「いい物件情報が入ったんで、こっそり早退して…」

といった具合です。

社会人として正しいかどうかはさておき(笑)

投資家としてはそれで正解だと私は思います。

お金とプライベート、どっちが大事?

いい物件を手にいれる事は、

ハンティングに似ています。

チャンスは一期一会。

もたもたしていると、

獲物はあっという間に逃げてしまいます。

仮に、自分が考えていた理想の物件を、

金曜夜に業者から紹介されたとしましょう。

でも、土日は彼女とデートで、

映画を観に行く約束だった! どうしよう。

そこで、まぁ物件は後でもいいかな…

と考えてしまうようでは、

大きく稼ぐことは一生無理だと思ってください。

スピードが遅すぎるのです。

もちろん、人生を豊かにするためには、

プライベートの充実も大切です。

でも、そのプライベートでさえ、

お金がなければ成り立ちませんよね?

いい物件ならば、誰でも欲しがります。

ちょっとの時間差であっけなく、

ライバルとの勝負はついてしまいます。

結局のところ、

稼ぐことを優先できない人は残念ながら、

投資に向いてない…と言わざるを得ません。

素早く結果を出したいなら、

全てこなすことを諦めて投資に注力し、

不動産活動のスピードを上げる必要があります。

利益を最優先に行動する!

稼ぐことを優先するのは、投資家だけでなく、

不動産業者や銀行でも同じことです。

業者の営業マンは、

契約を数多くまとめてナンボの仕事。

物件を仕入れて素早く売り出し、

顧客の決断を1日でも早めることができれば、

それだけ多くの利益を生むことができるのです。

私自身も同じように「利益」、つまり

お金が儲かることを最優先に行動しています。

いい物件情報が入ってくると

大事な会議やアポを後回しにして、

一刻でも早くそちらに向かいます。

迷いはありません。

どちらがより利益を生むか?

と、常に考えながら行動しているからです。

別に、金の亡者というわけではありません。

お金がなくなると後が続かないので、

まずは、稼ぐことを第一にしているのです。

不動産投資で成功したいのであれば、

仕事のスピードが速いか遅いかという以上に、

・利益を最優先に行動しているか?

これを常に意識しながら、

今やるべきことにフォーカスしてください。

仕事の遅い人はあれこれと手を付けてしまい、

優先順位がずれていることがほとんどです。

ライフワークバランスなんて考えず、

何かを捨てるつもりで稼ぐことに注力すれば、

結果は必ず付いてくるはずです。

がんばりましょう!

村上

TOP