BLOG

ブログ

節約するより稼げ!

村上です。

不動産投資を始めたいという人は
今も多く市場に流入してきています。

初心者の方でしばしばあるのが、

「今、自己資金がこれだけあるんですが、
ここからお金を増やすために
何をしたらいいか教えてください!
村上さんのいうとおりにします」

と経験者に丸投げしようとするケースです。

気持ちはわかります。
勉強を始めたばかりで右も左もわからない時は、
誰かに道案内してほしくなるものです。

でも、丸投げは危険です。

お金を増やすための勉強を端折って、
傷つくことも損することもなく、
なんとかラクな方法で
効率よくゴールに辿り着こうとする人は、
悪徳業者のカモにされます。

私が儲からない物件を買うように
すすめたら、それを買うんですか?
もちろん、そんなことはしませんが、
この業界にはそういう輩もいるんです。

いつまでにどのくらい増やしたいのか、
そのためにどの程度のリソースを割けるのか、
同じ目標を持った先人たちは
どういうルートを通ってゴールに向かったのか?
失敗した人はなぜ失敗したのか?

自分の将来に真剣に向き合わず、
最低限の勉強さえせず、
お金持ちになった人など、
過去にひとりもいません。

不動産投資における「正解」は、
100人いれば100通りあります。

老後の生活の足しにするために
不動産投資を始めたい人なら、
月に20万円もあれば十分でしょう。

ハワイに移住したい人なら、
がっつりレバレッジをかけて、
数千万円の家賃年収を継続して
得られるような買い方をする必要があると思います。

近くの裏山にハイキングに行くのと、
富士山に登る時と、
エベレストに上るときとでは、
必要な準備も装備も覚悟も違ってきます。

草野球と高校野球と
プロ野球とメジャーリーグとでは、
同じ野球というスポーツでも、
やるべきことは全く違います。

不動産投資もそれと同じくらい
様々な手法があり、手法が違えば
やるべきことも全く違うのです。

あなたは何のために、
不動産投資を始めたいのですか?
誰の為に、不動産投資を始めるのですか?

私のところに相談に来るなら、
まずは自分にとってのゴールを
明確にしてきてください。

本気で努力する覚悟があるなら、
喜んでお手伝いさせていただきます。

税理士は必要?

さて、本題です。

みなさん、
不動産経営にとって「税理士」は、

・必要でしょうか?
・不要でしょうか?

おそらくこの答えは、
人によってまちまちだと思います。

「会計の知識も勉強したし、
財務三表ぐらい自分で出来なきゃ、
経営なんて上手く行かないでしょ。」

あるいは逆に、

「そんなことに時間をかけるなら、
税理士にまかせてしまって、
経営に集中した方がいいはず。」

そう思う人だっているでしょう。

実は私、絶対的に後者の立場なんです。

きっと、意外に思われた方もいますよね?
これからその理由を説明しましょう。

マイナスは利益を生まない

もう一度言いますね。

不動産経営にとって、
税理士は100%必要です。

だって、面倒くさいですよ(笑)

えぇ?だって村上さんは日頃から、

・会計の知識を学べ!
・財務三表を理解しろ!

と、しつこく言っていますよね。
面倒くさいから税理士が必要なんて、
矛盾してるんじゃないの?

そう思う人がいるかも知れません。
でも、ちょっと違うんです。

会計処理や確定申告は、

・経費や税金などのマイナスを
・把握したり、圧縮したりするために
・多くの時間と労力をかける作業

つまり、どんなに会計を頑張っても、
利益を生み出すことはないんです。

節約するより稼げ!

オーナーであるみなさんは、
何のために不動産経営を
頑張っているのでしょうか?

・不動産で利益を出して
・お金を儲けるため

ですよね?

確かに、コストカットや節税で、
マイナスの幅を切り詰めるのも、
儲けを出すことにつながります。

でも、儲け自体がきちんと出ていないのに、
コストカットばかりに目を向けるのは、
意味がないと思いませんか?

例えば、毎月の収入がジリ貧で、
満足なご飯も食べられない!

そんな時、お父さんであるあなたは
家計簿を付けながら家族に、

「毎食、ふりかけでガマンしなさい」

そう言いますか?

それよりも、外に出てガンガン働き、
収入を少しでも上げた方が、
家庭を幸せにできますよね?

経営者にヒマはない

つまり、経営者であるあなたは、
マイナスよりもプラスの方向に、
目を向けることが求められているのです。

経営者は忙しくてナンボですし、
1年なんてあっという間。

その限られた時間の中で、
儲けにプラスとなる行動を、
どれだけ実践できていますか?

・銀行や業者回りを続けて
・割安な物件を探し出し
・1日でも早く空室を埋めて
・入居者のトラブルを解決し
・時には物件を高く売る

儲けようとすればするほど、
大量に行動すればするほど、
あなたが何に時間を費やすべきなのかが、
より一層、問われてくるんです。

早く税理士を探そう

もし、あなたの奥さんが、
会計などの事務作業が得意なら、
任せてしまっても構いませんし、
個人で区分や戸建て、
アパート1〜2棟の経営規模なら、
自分でやるのもアリでしょう。

しかし、これから法人化を見据えて、
経営規模をもっと拡大したい!

そう考えているのであれば、
最初から税理士に頼むべきです。

それだけ、儲けの出ない時間は、
ビジネスとして無駄が多いということ。

利益が増えていけばいずれ、
消費税などの計算も必要になり、
複数の法人を設立すれば、
もう、個人の作業範疇ではなくなります。

だんだんと忙しさに追われて、
記帳がおろそかになる前に、
今のうちに余裕を持って
税理士を探してください。

財務の知識は無駄?

じゃあ村上さん…。
最初から税理士をつけるなら、
財務三表なんて難しい勉強、
やること自体が無駄じゃないの?

いやいや、そうじゃないんです。

財務三表を読み解く知識は、
不動産経営のオーナーとして、
絶対に外すことはできません。

・財務の知識はしっかり身に付けた上で
・実務自体は税理士にまかせるべき

これを言いたいのです。

起業した当初に限り、
会計処理から確定申告まで
自分自身でやってみるというのは、
財務の知識を得る上でプラスになるはず。

でも、いずれは税理士にまかせましょう。

その上で、オーナーは経営に専念し、
より多くの儲けにフォーカスしてください。

がんばりましょう!

村上

 

 

▼本気で稼げる投資家になりたい方はこちら▼

▼コン・パスのFacebookページです。
いいね!お願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://bit.ly/2ntcpC5

TOP